最近のトラックバック

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月に作成された記事

2009年5月31日 (日)

倉敷 美観地区散策

岡山から山陽線で15分くらいで倉敷に到着。バスで2-3分のところに美観地区があります。

Image02

今回、母親を連れてきたのはこの風景を見せたかったからと言うことに尽きます。倉敷川の両岸に並ぶ, 江戸の風情が残る蔵屋敷のたたずまいです。

Image01

大原美術館も一応、見てきました。ピカソ、モディリアーニから棟方志功、イサムノグチまでいろいろ展示してありました。ちょとテーマが広すぎ?Image03_2

彫刻の森においてあるようなヘンリー・ムーアの作品もありました。

Image04

モネの美術館からもらってきた蓮?とのことでした。

Image05

教養のない親子は、大原美術館を早々にあとにし速攻で昼食へ。『旅館くらしき』の和風レストランです。

Image06_2

ここは当たりです。古民家風のゆったりとした空間で日本庭園の緑を眺めながら食事がいただけます。

Image07

12種類の小菜が付いてくる一番人気の四季の散歩道御膳、1850円。地元産ワインとともにおいしくいただきました。

Image08

ここにも蓮があって、つつじとのコントラストがキレイ!

Image09

こちらアイビースクエアー。観光客にはどうでもいい有料の展示ばかりではっきりいって面白くありません。つたの絡まるレンガ造りの建物は確かに見栄えがするのですが。

Image10

大原美術館の隣にある有名な、『カフェ エル・グレコ』。 外観の割りに内装とかは普通に古いだけ。

Image11

倉敷からも岡山空港行きの直通バスが出ています。岡山空港はANAラウンジがなくて代わりにカードラウンジ『マスカット』がありましたが、母親の分の千円払う価値があったかかどうかはちょっと微妙な雰囲気。羽田に19時前には着いたので、自分のジムで一時間ほどトレーニングもできました。我ながら良くやるねー!

2009年5月29日 (金)

岡山 ホテルグランヴィア岡山

岡山にインフルエンザが発生したら出張は取りやめと思っていたのですが、結局発生せず、予定通り行ってきました。今回は母親も同行しているので、業務終了後は少し観光もしてみるつもりです。羽田のラウンジは3つあるうちで一番狭い本館南でした。

Img_01

例によってビールで血中アルコール濃度を高めて出発です。国際線のラウンジみたいにフィンガーフードが少しでもあればうれしいのですが、、。

Img_02

着陸態勢に入ってるのにいきなり急上昇したりして変なフライトでしたが、無事到着して岡山駅前のホテルグランヴィア岡山へ。一応、岡山の一番ホテルです。

Img_03

リニューアル後とのふれこみのエグゼクティブツインです。水周りとかは手を加えてないようですね。全体のカラーデザインも今ひとつ垢抜けてないかな。

Img_04

家具とかもちょっと古いデザイン? ま、今回、パッケージで比較的安めに泊まれているので良しとしましょう。

Img_05

部屋の窓からの景色は良かったですね。新幹線が駅に入ってくるところが見えたりして飽きません。

Img_06

夕食は隠れ家的一軒屋のイタリアンレストラン『リオー二』で。値段もさほど高くないし、結構おいしかったです。今度岡山に来たら、ランチに来て、テラス席で昼からスプマンテを飲みたいです。

Img_07

コレは昼に岡山駅の和食屋さんで食べたタコづくし定食。タコも岡山の名物らしいです。なかでもタコ飯が美味でした。

Img_08_2

腹ごなしに、日本3大庭園の後楽園へ。母親は65歳以上なので入場料は無料でした。年をとってて良いことていうのもあるんですね(笑)。

Img_09

岡山城が背後に見えるように、ロケーションが考えられているようです。

Img_10

後楽園は岡山市内を流れる旭川の中州みたいなところに位置しており、対岸に岡山城がひかえています。

Img_11

姫路城が白鷺城と呼ばれるのに対し、岡山城は黒いので烏城と呼ばれるのだそうです。天守閣はもろコンクリート製で内部にエレベーターがありました。

Img_12

本ブログのメインテーマでありながら、最近は隠れテーマ化しているフィットネスネタです。今回はオークションで手に入れた株主優待券を使ってコナミスポーツクラブ岡山へ。私の写真の取り方も良くないのでしょうが、ちょっとインパクトの少ない外観です。ホテルからは歩いて5分ほどでした。

Img_14

内部は結構新しくてきれいでした。ロッカーも非接触式のICチップ付リストキーで開けます。

Img_15

マシンも新しそう、、と思って見てみたら、あっと驚く最新システム!

Img_16

海外のハイアットのテクノジム製マシンのように操作モニターとTVが一体化しています。そのほかフィットネクイズなどのいろいろなコンテンツも見れるようになっています。オバーさんとかがどのくらい使いこなしているかは疑問ですが、、。

Img_17

そしてロッカーキーのICチップをかざすと、トレーニング量がサーバーにつながれ、個人データーがフィードバックできるようになっています。シンガポールのグランドハイアットのジムを凌駕するすごーいシステム。でもテレビで何を見ていたかいうことも管理できてしまうかも。

Img_18_2

スパーゾーンも広くて清潔に保たれてました。地方の新しいスポーツクラブは、東京のスポーツクラブより断然いいですね!

2009年5月18日 (月)

高崎 お泊り出張

今日は月1回行っている、高崎のお泊まり出張に出かけます。外勤先に2日間、カンズメで宿泊しないといけません。48時間近くはトレーニングできない計算になるので、朝、いつものジムでクロストレーナー60分とアブドーミナルクランチ150回をやっておきました。

これから十分疲労することが予想されるので、あさまのグリーンで。中年のオヤジには外出できずに2泊するのは最高に堪えます。上越新幹線より長野新幹線のほうが座席の具合が好きなので、あさまをチョイス!

Image01

あさまは大安の日とかは混みますが、たいていはガラガラ。

Image02

2泊位までの出張カバンは最近はこの組み合わせが多いです。他のブログでTUMIとRIMOWAが出張カバン最強の組み合わせとして紹介されていましたが、私は少し天邪鬼なもので、、。BREEのPunch はPCコンパートメントもありますし、TUMIに比べて軽いところが気に入っています。いわば最強のジャーマンタッグチーム?

Image03_2

東京駅で売っている二折鳥そぼろ弁当。このお弁当は最近のお気に入りなのですが、含有カロリーが書いてありません。ただ、カロリーを調べるのが怖いくらい、やたら腹持ちがいいです。オーバー1000キロカロリー??

Image04

短期出張用にVAIO-P を買ったのですが、表示文字が小さすぎて老眼鏡なしでは辛いため、レッツノートW2に逆戻り。今でもこのレッツノートは軽さ、バッテリーの持ちの良さから手放せません。イーモバイルはトンネル以外では圏外になることは一度もなく、安定してネットが見れました。

Image05

2泊の辛い外勤を終え、高崎駅前へと戻りました。ここ群馬が発祥の地という噂の山田電気本社ビル。この脇の道を抜けていくと、、。

Image06

セントラルスポーツクラブ高崎があります。外勤後はここで一汗というか、ちょっとトレーニングしてから東京に帰ることが多いです。

Image07

マシンも比較的新しいものがそろっており、全部のエアロマシーンがTV付きです。

Image08

ここでの楽しみはこのスパ施設。スーパー銭湯並みの温浴施設がそろっています。

Image09

そしてこの露天風呂。これがトレーニング後、すごーく気持ち良いです。あちこち自分のホームグランウンドの以外のフィットネスクラブに行きましたが、露天風呂があるのはここ高崎のセントラルと、長崎のコナミスポーツくらいでしたかね。

Image10

シャンプー、コンディショナーはパークハイアット御用達のイソップを持って行きました。ハーブ系の香りが最高です。これで気分はパークハイアット高崎!! てなわけないか(笑)

Image11

帰りはMAXたにがわの2階建てグリーンで。この座席は飛行機のビジネスシートみたいに足のせがついているのですが、私的にはちょっと角度がビミョーにリラックスできません。2階建てで景色はいいんですけどね。

Image12

これで、月1の外勤修行は終了です。なるたけ行き帰りを疲れないようにしていますが、何歳まで続けられるでしょうか、、。とはいいながらジムに寄り道したりしてるんですけどネ。

2009年5月14日 (木)

箱根 (3) ラリック美術館ほか

箱根でも運動をしようとして、先ずテニス。同じハーベストクラブの箱根明神平はテニスコートを5面持っているので予約しておきました。妻は tennis freak で週に3回はテニスをしてるので、私のほうが鍛えてもらいました。

Image01

平日だったので、私たち以外にはプレーしている人はいませんでした。折角、整備された施設があるのにもったいないですよね。ホテルには平日でもかなりの人が宿泊しているはずなのに、、。

Image02

テニス後のランチは、箱根翡翠の裏手にあるラリック美術館に併設されているレストラン「LYS」にて。レストランに入るのにも入場券が必要ですが、チケットぴあで前売り券(\1500→\1200に割引)をあらかじめ買っておきました。レストランとショップにのみ1年間は再入場できるそうです。

Image03

テラス席に座って芝生の緑を眺めながら、ワインとともに軽くフレンチをいただく...日本ではなかなかお目にかかれないシチュエーションで食事を楽しむことができます。私たちは雰囲気?を出すために、当然、サングラスかけてました。

Image04_2

このような景色を眺めながらルネッサーンスです。

Image05

ランチセット、\1900。サラダ、パンと季節の魚・肉料理がワンプレートで出てきます。コーヒーは別料金で\300。雰囲気のせいもあってか美味しかったです。値段はちょっとリゾート価格でしょうか。あっ、あとスパークリングワインもグラスでいただけるようです。

Image06_2Image07_2Image08Image09

実は入場券を有効に使おうと次の日の朝食も「LYS」で食べました。9時から11時まで限定の朝食セット\1200。こちらはコーヒーもついてます。翡翠に泊まっているなら、散歩がてらに遅い朝食をとるのに良いかも。

Image001Image002

レストランだけでなく、一応、美術館も見学しました。精緻な彫刻が施されたガラス装飾品を見ることができます。

Image10Image11Image12Image13

美術館を見て腹ごなしができたところで、次はウォーキングをしました。仙石原湖尻自然探勝歩道。地図上は往復約1時間となっていました。

Image14

途中の案内看板、ここまで来るのにホテルから約10分かかりました。

Image15

一応、遊歩道として整備されているらしく、案内看板なども設置されているのですが、利用者が少ないせいか、だんだん野趣あふれるというか寂しくなっていきます。早川にかかる橋まできたところで約30分経過。野鳥の森まで往復1時間では全然到達不可能です。ここからホテルまで引き返して、約1時間のウォーキング終了。このあと温泉にゆっくりつかり疲れた筋肉をほぐします。

Image16Image18Image19Image20

夕食はブログなどで評判の良かった星の王子様ミュージアム前にある「花菜」さんで。創作和食がおいしかったです。

Image21

箱根はまだまだ、いろいろなお店とか見所がありそうですネ。また、のんびりするために来ようと思います。もちろんウォーキングスポットも探しておきます。

2009年5月13日 (水)

箱根 (2) 東急ハーベストクラブ箱根翡翠

東急ハーベストクラブ箱根翡翠のスパ施設(というか温泉?)をレポートします。

ホテル内の中庭とオブジェもクールです。

Image01_3

スパ施設への上がり口です。円形の窓から見える庭の緑が和のいい雰囲気をかもし出しています。

Image02_2

スパ施設へつながる廊下のフローリングの表面が「なぐり彫り」という特殊加工によって凸凹に仕上げてあります。素足に足つぼマッサージ効果のような気持ちの良い感触を感じることができ、大変感心しました。

Image20

途中の窓から見える庭園もモダンな和のデザイン。

Image03_3

ライブラリー。ここで昼間からゆっくりと本を読んだり、パソコンでブログを書いたりできます。ブロガー至福のとき!こういうゆとりの時間を過ごせるスペースがあるのがうれしいです。

Image04_2Image05_2Image06_2Image07_3

大浴場への入り口です。質の良いバスタオル、ハンドタオルが準備されています。日本の温泉のレベルも上がったものです。

Image10_2Image11_2Image12_3Image13_2

室内風呂、ヒノキのぬる湯、庭園露天風呂、壷湯のほかサウナもあります。シャンプー、リンスなど、アメニティ類も翡翠オリジナルのアロマ系のものでした。

Image14_3Image15_5Image16Image17_2Image18Image19

湯上りスペースにはマッサージチェアーが備えてあり、もちろん無料でリラックスすることができます。

Image21_2 

とにかく、従来のハーベストクラブの施設とは一線を画する、ラグジュアリーかつ居心地の良いホテルでした。日本人として落ち着けるという意味では、最近泊まったホテルの中で最良の施設のひとつです。

箱根のようなリゾート地に宿泊して fitness freak が困るのが毎日日課にしているトレーニング。さすがの翡翠にもジムはありません。そこでどうやってカロリーを消費したかは次回のリポートで。

箱根 (1) 東急ハーベストクラブ箱根翡翠

東急ハーベストクラブは開業して約20年の歴史を持つ会員制リゾートです。会員は自分の保有しているホームグランド以外の他施設も、トップシーズン以外は比較的自由に利用することができますが、箱根翡翠は最新デラックス版のVIALAシリーズに属し、予約も取りにくいことで有名です。今回、GW明けに空き予約を見つけることができましたので妻と出かけてきました。

Image01_2

車寄せもラグジュアリーな作りになっていますし、時間帯によりますがポーターのお出迎えサービスもあります。

Image02

箱根甲子園側から見た翡翠の全景です。ともに池を配した中庭を有しており、せせらぎの音が心地良いです。

Image03_2

中庭の庭園風景とロビーラウンジ。ラウンジの夕暮れ時の景色が美しいです。

Image04Image05Image07Image07_2

客室はこんな感じです(スタンダード 約54m2)。デラックスタイプでは各部屋に温泉露天風呂を備えており、スイートは100mを超える広さがあります。シモンズ製のベッドをはじめとして、家具、タオル、シャンプー・リンス、歯ブラシなどの備品まで良質のものがそろえられています。

Image08Image09Image10Image11

ソファーセットのほかにエキストラベッドにもなる大きめのソファーベッドが配置されており、コレが寝転んでテレビを見るのに大変快適でした。また、DVDプレーヤー以外にもBOSEのオーディオシステムがサンプルCDとともに備えてあり、お部屋でゆったりとした時間が過ごせるよう配慮されています。

Image12_2Image13Image14_2Image15_4

次は、スパ施設を紹介します。

2009年5月10日 (日)

鎌倉 日帰りプチ旅行

今日は Fitness と全く関係のないネタですが、母の日の食事会目的で、東京在住者が気軽に古都気分を味わえる街、鎌倉に妻と母を連れて行ってきました。例によって西大井から横須賀線に乗って行きます。本当にこの路線は成田、君津、千葉、新宿、宇都宮、高崎など一見脈絡なくいろんな路線につながっているのが面白いです。約45分ほどで鎌倉に到着。江ノ電で一駅目の和田塚駅で降ります。江ノ電は外観のわりに客席の椅子など内部が近代的だったり、無人駅でもSUICAで降りられちゃうことなど実際に乗ってみて初めてわかりました。

Img_01_16

鉄ちゃんなら喜びそうな立ち位置でした。私は全く鉄ちゃんの気はありませんが。

Img_02_2

和田塚駅から歩いて数分のところにある、KKR鎌倉わかみやです。由比ガ浜海岸もすぐ近くで、宿のキャチコピーである和風リゾートにふさわしい立地、建物です。築年が浅そうでロビー、レストラン、お部屋もきれいでした。

Img_03_2Img_04_2Img_05_3Img_06

個室で懐石料理をと予約しておいたら、和室8畳の客室を用意していただいてました。全10品のお品書きを読みつつ、くつろいだ雰囲気の中、美味しくいただきました。

Img_07_2

HPで料理の見本の写真を見たときには、少し軽めのボリュームかなと思ったのですが、実際はおなか一杯になりました。ブログを見ていただいている方は、私がいつもタダのラウンジメシかフードコートの安い食事を食べているなーと思われてしまっているかもしれませんが、一応、たまにはこういうまともな食事も食べています。

Img_08_2Img_09Img_10Img_11Img_12_2Img_13Img_14

和食なので、冷酒(鎌倉五山のナントカ?)もいただき、ほろ酔い気分で食事終了、お料理の一皿一皿がきちんと仕事がしてあって満足しました。帰りには小町通り商店街を見ながら腹ごなしの散歩。いつも寄ってしまう、ヌレセンの店でおせんべいをお土産に買い、甘味屋にも入りました(もちろん、一番カロリーの少なそうな、くずきりをチョイス!)子供たちには「こ寿々」のわらび餅をお土産に買いました。

Img_15

この日のトレーニングはどうしたかったって?もちろん自宅で酔いを覚ましてからジムに行き、日課のクロストレーナー60分はきちんと行っています。ただその後、夕食でイタリアンに行ってしまい、カロリー摂取はかなりオーバーバランス。翌日は少し長めにトレーニングしないと(笑)、腹筋も200回プラスかな?

2009年5月 5日 (火)

出張先のホテル選び 岡山

今月末、岡山に2泊3日で出張予定です。原則連日のトレーニングを日課としている私としては、中1日は是非、岡山でフィットネスジムに行きたいものです。ANAホテルで所用があるのですが、どうもジムは備えていないようです。もうひとつ大きなホテルとしてホテルグランヴィア岡山があり、ホテルのHPを見てみるとグランヴィアクラブというスポーツ施設が併設されているようです。ただ、プールのことは記載があるのですが、ジムの有無ははっきりしません。直接電話をして聞いてみると、とてもマシンがあるとは言えない状態という返事。残念!となると全国展開しているスポーツクラブを探して提携利用させてもらうほかありません。検索の結果、

M2

を見つけました。コナミスポーツクラブはネットオークションで株主優待券を手に入れるか、企業に勤めている知人に頼んで利用券を譲ってもらって利用することができます。と言うわけで、ホテルはコナミスポーツがある岡山駅東口に直結しているグランヴィアを予約しました。

国内出張中にもフィットネスジムでトレーニングをしようとすると結構、ジム探しに苦労します。東京、名古屋、大阪、神戸、福岡ではジムを備えたホテルも多くありますし、全国展開しているスポーツクラブの支店が必ずあります。ところがそれ以外の地方都市、特にリゾート地ではジムはなかなか見つかりません。ただ、検索をかけてジムとホテルを探していくのも楽しみのひとつといえなくもないですし、いよいよトレーニングしたくなったら現地でウォーキングをすることにしています。これぞ Fittness Freak ! というか大人のお遊びですよね。

2009年5月 3日 (日)

シンガポール (6) SIN>NRT

チャンギ国際空港第3ターミナル(T3)、早朝だったこともあり、オーチャード通りのほぼ中心にあるハイアットから15分くらいで着いてしまいました。

Img_01_3

全体に新しさが感じられます。

Img_02

T1&T2よりもグリーンの配置が増えており、シンガポールらしさが演出されています。

Img_03

Img_04

ラウンジインビテーションはSATSラウンジでした。UAのマークが出てますがUA独自のラウンジではないようなので、☆Gメンバーは原則的にこのラウンジ利用なのでしょう。

Img_05

チャンギの最新ターミナルのラウンジということで、ちょっと期待していたのですが結果は個人的にはちょっとガッカリ?

先ずスペースに余裕が感じられません。内装も少しチープな感じがしますし、デザイン的な配慮が足りないよう気がします。写真で見て見るとソファーの表面が光って見えるんですが、レザーの材質があまり良くなさそうでした。

Img_06

F&Bのコーナーです。ワインもありますし、食事の種類も比較的豊富なのですが、どうも今ひとつ、、。。

Img_07

具体的にはこんな感じ。冷凍食品なんでしょうか。クロワッサンもサクサクしていないです。

Img_08

シャワールーム。実際には利用しなかったんですが、トイレの対側にあったので写真だけ撮りました。新しいし、一応清潔なんですが壁がユニットバスのようです。文句ばっかり言ってしまいましたが、チャンギの最新ターミナルのラウンジということで期待が大きすぎたのかも?

ラウンジを出て登場口に向かう途中にSQのシルバークリスの入り口が、、。入り口を見ただけでも良さそうなオーラが感じられました。

Img_09

UA804便はエコノミーマイナスをふくめて4クラスとも満席状態。昼食に相当する軽食がラップに包まれた小さいサンドイッチなのには驚きました。昔はデニッシュとデザートが一応、トレーで配らていたのに。これだったら自腹で何か買って持ち込んだほうが全然良いと思います。経費削減し過ぎー!

機内で全員に健康状態申告書が配られて、検疫が厳しくなっていました。私の帰国日のNW便内に発熱した人が発見されて、周囲の人も一時一緒に隔離されていたようです。成田のターミナル内にあった禅寺の庭風オブジェ?

Img_10

帰りは成田エキスプレスで。今回の旅行で最も高価な交通費約3300円を使っています。(ただし、特典航空券の手数料、空港使用料は除く)

Img_11_2

さあ、職場でたまった仕事を片付けなければなりません。

2009年5月 1日 (金)

シンガポール (5) グランドハイアット・シンガポール

グランドハイアット・シンガポールのフィットネスジムはテラスウィングの5Fにあり、Damai というスパ施設に併設されています。最近、改装オープンされたようで、すべてが新しくラグジュアリーな雰囲気に満ちており、このブログの趣旨からもハイアットを選んで正解でした。写真はテラスウィングのナチュラルガーデンです。滝からマイナスイオン大量発生?

Img_00

そのほかスポーツ施設としてはテニスコートが2面ありました。今度は是非、家族とテニスを楽しみたいと思います。水着でテニス→プールは最高に気持ちが良いでしょう。

Img_01_5

スパの入り口にあるウェイティングロビー。

Img_02_3

スパの中にもくつろげるスペースがあります。受付でキーを借りてロッカールームへ。

Img_03_2

途中、スパのショップがあります。

Img_04_2

幻想的な照明です。広くてスタイリッシュなスパルームが並んでいました。

Img_05_2

メンズロッカールームもウッドが多用されたデザインです。

Img_06_2

レインフォールシャワー付きのシャワールームが並んでいます。タオル類のみでバスローブはありませんでした。

Img_07_2

ジム内には Technogym というメーカーの新しいマシーンがそろっていました。もちろん有酸素系マシーンはTVモニター付きで、NHKの海外チャンネルも見れました。マシンのデザインもスタイリシュ、iPod 接続端子、運動量をメモリーチップに記録できるシステムもついているようです。 Technogym のHPを見てみると、

宿泊客は高品質のウェルネス施設を求めています。

宿泊客も年齢層を問わず、近年複雑化し、高度化されたフィットネス施設をホテルやリゾート、クルージングを選ぶ際の単なる魅力あるオプションのひとつとして考えることはなくなりました。 もはやそれは必要不可欠な設備となっているのです。 しかも、旧式で時代遅れのマシンが置いてあるような施設を求めているわけではありません。 求められているのは、個人個人のワークアウトプログラムをサポートできるような適切な設備が整ったハイクオリティの施設です。 「フィットネスクラブは今や、ホテル内において最も求められているアメニティのトップスリーに入っています。」 (出典: 2000 Lodging and market Reserch paper)

と私のブログの趣旨にまさピッタリの内容がのっていて、うれしくなっちゃいました。

Img_08_2

もちろん、お気に入りのクロストレーナーもありました。ただエアロバイクの心拍センサーのハンドルに、どうサドルを調整しても手が届きません。手の長い欧米人向けの設計なんでしょうか?私は日本人としては普通のLサイズの体形なんですが、、。

Img_10_2

スタジオは小さいです。

Img_11_3

筋力トレーニング系のマシーンです。

Img_12

これは Target Muscle が腹直筋のアブドーミナルクランチ。トレーニング回数がカウンターで表示されますし、運動量を先ほどのメモリーに記録できるようです。自分がメンバーのフィットネスクラブもマシンは新しいのですが、ここのマシン群というか、もはやマシンシステムをみてしまうとその違いに驚くばかりです。自動車と同じでフィットネスマシーンの値段もメーカーや機種により、かなり違いがあるんでしょうね。

Img_13

ロッカールーム内にある浴室です。ジャグジーシステムも付いています。小さいながらドライとミストの2つのサウナも備えてあり、トレーニング後のリラックス、疲労回復に役立ちました。

Img_14

リラックススペース。パークハイアット・ソウルの客室内においてあったものと同じカッシーナのリクライニングチェアーが並んでいます。テレビの堺正章なら、思わず☆3っつーと叫んでしまいそうです。

Img_15

素晴らしいフィットネスジムを堪能した後、部屋のこれまたスタイリッシュなベイシンでユニクロのドライウェアーを洗濯する私。何か変でしょうか(笑)

Img_16

サンテックシティのクリスタルジェードレストランで大好きな Century Egg Congee (ピータン入りおかゆ)を食べました。

Img_17

明日はUAの早朝便で、新型インフルエンザ騒動の真最中の成田に帰らないといけません。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ