最近のトラックバック

« ハイアット修行福岡編 (3) グランドハイアット福岡ーチャイナ | トップページ | ハイアット修行福岡編 (5) ハイアットリージェンシー福岡ーレストラン »

2010年1月29日 (金)

ハイアット修行福岡編 (4) ハイアットリージェンシー福岡ーモデレートツイン

福岡の2泊目はハイアットリジェンシー福岡です。有名な建築家のマイケル・グレイヴスがスフインクスをモチーフにデザインしたといわれるホテルですが、さすが絵になります。

Dscn01_3

こちらは隠れ家的なメイン・エンタランス。

Dscn02_3

こちらはホワイエ。Wikipedia によれば、ハイアットはホテルのデザインに初めてアトリウムを設けた斬新なデザインを採用したとありますが、そういう意味ではまさにハイアットタッチです。

Dscn03_3

ホテルロビーのアトリウムの天井ですが、誰が撮っても良く撮れます。

Dscn04_3

館内の絵画や置物もエジプトがモチーフになっています。

Dscn05_3

アサインされたのは5Fのモデレートツインルーム、狭いです。HPでは公称23m2の最狭ルームのようです。

Dscn06_3

インテリアも経年変化が目立ちます。国内のハイアットの中では、ミニマムな居住性のようです。

Dscn07_2

一応、TVは液晶の26型に変更済みです。

Dscn08_3

Dscn09_4

こうやって撮ると、写真的には結構良さげになりました、、。

Dscn10

窓からの眺めはこんな風で正真正銘のシティビュー。同じカテゴリーのもうちょっと高層階の部屋をアサインしてくれたらよかったのに、、。

Dscn11_2

これは結構きれいに撮れちゃってますが(笑)、バスルームもちょっと、、。

Dscn12_2

古い浴室独特のベージュカラーが年代を感じさせます。

Dscn13_2

DIA特典のお菓子と紅茶セット。

Dscn14_2

昨年、クラブラウンジが廃止されてしまったので、バーでのドリンク&フード券、朝食券がDIA会員には付いてきます。コレは良かったです

Dscn15_2

お部屋の見取り図です。このご時世に満室ていうわけでもないでしょうに、修行僧というか解脱済みの高僧会員にはもう少し良い部屋をアサインして欲しいものです。

Dscn16_2

昨日のGHFとの宿泊料金の差額はわずか2500円!STAY カウントの目当がなければGHFに連泊したのにー
パブリックスペースのデザイン性、従業員のフレンドリーさなどは良かったので、広めの部屋がアサインされれば、多少の経年変化は帳消しになって良い評価が得られたのにと思います。ハイアット修行としては苦行の部類?(笑)。

« ハイアット修行福岡編 (3) グランドハイアット福岡ーチャイナ | トップページ | ハイアット修行福岡編 (5) ハイアットリージェンシー福岡ーレストラン »

ホテル(国内)」カテゴリの記事

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ハイアット修行福岡編 (3) グランドハイアット福岡ーチャイナ | トップページ | ハイアット修行福岡編 (5) ハイアットリージェンシー福岡ーレストラン »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ