最近のトラックバック

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月に作成された記事

2010年6月28日 (月)

グランドハイアット東京

札幌出張から帰ってきた次の日、ちょっと勤務先に寄って、その後友人とテニス。夕方からはグランドハイアット東京に宿泊、と結構なハードスケジュールです(笑)
クラブフロアにUPGしてもらえるので、ラウンジ、スパをフルに利用して、ほとんど温泉ホテルに泊まっているのと同じ感じです
NAGOMIのプールサイドのジャグジーはお洒落ですね。

Dscn01_2

お部屋はいつもと同じクラブキング。

Dscn02_2

今回は、プールも利用しました。

Dscn03_3

これもいつもと同じラウンジ朝食。

Dscn04_2

このマーブルブレッドが私のお気に入りです。

Dscn05_2

スケジュールはハードでしたが、リラックスした時間を過ごすことができました。

札幌出張 (2) レストラン

札幌出張の際のレストラン等のレポートです。
先ずは到着当日の夜10時過ぎに友人たちと訪れた、中島公園近くの札幌パークホテルの会員制クラブ パーククラブ。インテリアは昭和な感じがあふれていましたが、食べ物がおいしかったです。これは友人の頼んでいたカクテル。

Dscn01

大間のマグロのカルパッチョ?みたいなものがありましたが、かなりおいしい!そしてホテルのバーなのに食べ物の料金が安い!大分、酔っていたので写真が変ですが、友人の栄転を祝うことができました。

Dscn02Dscn03

これは仕事先で出たお弁当。ま、まずくはないですが、特別においしいということもなかったです。

Dscn04

仕事が夜の8時過ぎまであったため、一人で訪れたサッポロファクトリー近くのビストロ・デジャさん。夜は11時くらいまでやっているようです。

Dscn05

ワインセット(泡、白、赤それぞれ1杯づつ)、と4千円ぐらいのコースをオーダーしてみました。アミューズのパテが結構、私好みの濃厚な味でした。魚料理(北海道のクロダイと呼ばれている魚?名前忘れました)、肉料理(富良野の豚)もボリュームたっぷりで味付けもおいしくおなかいっぱいになりました。また、おひとりさまビストロで再訪しても良いかも。ブログでの評判も良いようです。女性には一皿の量が多いと思うのでシェアされるのをお勧めします。

Dscn06Dscn07Dscn08Dscn09Dscn10Dscn11Dscn12

酔ってフラフラしながら、撮影したサッポロファクトリーのドーム。この日は夜中の3時過ぎから、サッカー観戦、おかげで次の日は、一日中、ボッとしてました。

Dscn13

クラビーサッポロのレストランで朝食を食べました。

Dscn14

昨年、来訪したときは北海道の食材満載で高評価だったのですが、今回はレベルダウン。食材の質が落ちていました、残念!

Dscn15

ロイトン札幌の和食・大和で3千円位のコースを頼んでみました。

Dscn16

いわゆる創作和食なのですが、味付け、食材ともビミョーでした。素材でストレートに勝負した料理のほうが北海道にはあっているのでしょうかネ?

Dscn17Dscn18Dscn19Dscn20_2Dscn121Dscn122

帰りの74Pはポケモンジェット。かなりオーバーブッキングだったようで、1万円進呈で次便に変更していただける方、、と何回も放送していました。

Dscn23

2010年6月25日 (金)

札幌出張 (1) ホテル・クラビーサッポロ

私の業界では4-6月は出張シーズンというわけで、今回は札幌出張でした。会議が入っていたので、午後7時半の便で出発です。あわただしく、ラウンジに入り、取り合えずビール!

Dscn01

この季節、夜の7時過ぎでも結構明るいです。本日の機材は小さめの76P。乗客の大半がビジネスマンという便でしたが、機内は静か過ぎてかえって異様な感じでした。日本人ビジネスマンがマナー良すぎなんですね。マイチョイスでポメリーを頼んだら、冷えてなくて全然おいしくない! せっかくのシャンパーニュなのにもったいないです。

Dscn02

新千歳空港からはJRで札幌に向かいます。UAのエコノミープラスみたいな U シートっというのがありまして、300円追加で指定席に座れます。札幌まで30分強かかるのですが、一般席は大混雑でしたので、UPG して正解でした。

Dscn03

シートはこんな感じ。東海道線とか横須賀線の普通列車グリーンの座席と似ています。

Dscn04

ホテルは札幌のマイホテル、クラビーサッポロ。

Dscn05

ロビー横にライブラリー的なスペースもあります。

Dscn06_2

お部屋はこのデラックスダブル。

Dscn07

写真で見るとそう感じないのですが、結構、備品がテーブルの上に所狭しと並んでいて雑多な印象です。実際、ものを置くスペースも少なくて、使い勝手も今ひとつでした。ハイアットのすっきりしたインテリアに慣れてしまっているので、余計にそう感じるのかもしれません。

Dscn08

お風呂はダブルの部屋でも広い洗い場付き、このホテルの魅力のひとつです。

Dscn09

フィットネスフリークの私にとっては、地下にスポーツジムが入っているのが、このホテルの最大の選択理由。キャンペーン中だったのかホテルゲストは1050円で利用できました。

Dscn10

ロッカールームも非常に清潔です。

Dscn11

前もこのブログで書きましたが、有酸素系のマシーンにパーソナルテレビが付いていないのが残念なところです。

Dscn12

やや旧式のクロストレーナーを使ってトレーニング。iPod を持っていたので、トレーニング中に退屈することはありませんでしたが、やはりテレビがあるといいですね。

Dscn13

クラビーサッポロの総評です。今回は少し部屋が狭かったこともありますし、部屋の調度品も古さが見えてきました。メインテナンスの良さで定宿にしていたのですが、次回(秋にまた札幌出張の予定があります)は他のホテルに浮気しちゃうかもしれません。日航JR札幌ホテルは新しくて綺麗とのうわさですし、ロイトン札幌にはスポーツクラブもあるようです。秋までに考えておきましょう。

父の日も出張!!

明日は父の日だというのに、また高崎お泊り出張です
先ずは、上越新幹線「たにがわ」 の2Fグリーン席、ガラガラです。

Image01

鳥づくし弁当と言うのを買いましたが、シャケも入ってますね(笑) いつものそぼろ2段弁当の方が良かったかも?

Image02

家を出るときに娘に渡されたプレゼントは、I DAD 靴下でしたー。

Image03

2010年6月17日 (木)

夏休みはシンガポール!!

そろそろ、夏休みの計画を立てる時期になりました。娘たちが小さいときに家族でよく訪れていたシンガポールに、久しぶりに行ってみようということになって、Air の予約は確保しました。どのキャリアーでも良いからCクラス>SQのA380エコノミー>NHのエコノミー>UAのエコノミーの順で検討していったのですが、家族4人だとAir 代も結構かかるので、結局、NHのエコノミーに決定しました。チケットは一人分が込み込みで7万円弱位、ANAサイトへの直接予約です。往復とも機材はB763で小さいのですが、2-3-2の座席配置ですので、4人の家族旅行では前後2席2席で予約が取れるので好都合です。
ホテルは当然、ハイアッターとしてはグランドハイアット・シンガポール。オーチャードのほぼ中心という便利な立地です。(以降、写真はホテルHPから)

Gallery_59

DIA会員のスイートアップグレードを使うと、最安値390S$でこのDuplex Suite という総面積 128m2のメゾネットタイプのスイートにアップしてくれるそうです。彦麻呂なら、「ホテル界のA380やー」 と言うかも(笑) どうせなら、娘たち二人もこのスイートにしちゃおうかとも思ったのですが、ベッドタイプがキングしかないとのことで、彼女たちの部屋はグランドウィングのツインルーム を予約しました(キングだと喧嘩するので)。妻と二人でこういう広い部屋でバケーションを過ごすのって、結構、憧れていたんです、、

Roomgallery_7

Roomgallery_34

夜は家族全員でラウンジへ繰り出し、シラーズを飲む!! その後は、ペーパーチキンのヒルマンか?ていう感じです。ランチに(笑)、1回くらいは、高級中華で有名なレイガーデンにも行きたいですね。

Gallery_51_2

プールはこんな感じ。ガゼボが空いてればいいんだけど、、。テニスコートもプールの隣にあるので、水着でテニス→プールの快感が味わえそうです。

Gallery_133

フィットネスフリークとしては、DAMAIでのトレーニングも魅力です。ここはスパも東京のグランドハイアット風なので、きっと娘たちも気に入ると思います。ワイキキのハイアットがホテルステイとしては今ひとつ評判が良くなかったので、是非シンガポールで、トラベルプランナーである父の名誉挽回を計りたいところです。

Gallery_131_2

あっ、そうだ。その前に妻と行く沖縄出張旅行と言うのもありました。沖縄の大好きなホテルのナハテラスと、マリオット沖縄の天蓋付きエグゼクティヴルームに宿泊予定です。レンタカーはちょっと奮発してプジョーのオープンカーを予約してあります。大分、マルゲリータになった私の頭が焼けすぎないといいんですが、、。

300_2

2010年6月13日 (日)

関西出張 (ハイアット修行関西編) (5) ハイアットリージェンシー大阪・再訪

さて、京都駅から仕事先の大阪へJRの新快速で移動します。京都、大阪間は意外と近くて約30分弱で行けちゃいます。

Dscn01_5

仕事を早めに終えて、いよいよハイアット修行関西編の最終日、またまた南港のハイアットリージェンシー大阪に向かいます。
最初の計画では、翌日はジムとスパでゆっくりして、夕方の伊丹便で帰京するつもりでしたが、日曜の朝9時に職場に行かなければならない羽目になってしまいました。早朝の6時55分の関空発羽田行きに乗り遅れるとアウトという、またまたタイトなスケジュールを組んでいます。アサインされた部屋は、またクラブラウンジと同じフロアーの26Fでした。

Dscn02_5

勝手知ったるデラックスキングルームです。土曜日なので、最安値が少し高くて約1万3千円。これでも2食+お酒(笑)がついて、ジムとスパが入り放題なのはうれしい限りです。

Dscn03_5

Dscn04_5

次の日は、仕事でジムに行けそうにないので、今日のうちにトレーニングです。

Dscn05_6

土曜日の割には、ラウンジのカクテルタイムは混雑していませんでした。2週間前に来たときは家族連れで大混雑だったのですが、、。

Dscn06_4

今回は、ちょっとしたおすしも少し出ていました。あとは毎度おなじみの中華の点心類です。

Dscn07_5

チェックインの時に朝5時過ぎに出発ということを話したら、ルームサービスのバウチャーをいただきました。こんなサービスがあるとは嬉しいですね。

Dscn08_4

早朝の4時45分に持ってきてもらったルームサービスのコンチネンタルブレックファーストです。このほかにシリアルも付くらしいのですが、あまり好きではないのでパンだけにしてもらいました。

Dscn09_4

寝起きにはフルーツがうれしい!

Dscn10_4

前日に予約しておいたMKタクシーで関空へと向かいます。5千円以上、50%引きだそうでお得だと思います。車種はエスティマ・ハイブリッドでした。

Dscn11_4

予定より早く、AM6時前には関空に着くことがでできました。タクシー料金は高速代込みで8620円。飛行機のチケットが安い料金で予約できているので、新幹線とほとんど値段が変わらない移動方法でした。NETで調べて、こういうタイトなスケジュールをスムーズ、かつお得に組むことができて、私的にはヤッターという感じです。

Dscn12_4

朝の6時前なのでANAのカウンターもまだオープンしていません

Dscn13_4

オープン一番客となって、セキュリティーを抜け Signet へ。

Dscn14_3

関西空港のSignet は確か初めてだったような、、。

Dscn15_4

朝なので、冷たいお茶だけいただきました。

Dscn17_5

関空発羽田行のB-763は乗客も少なめで 、足を伸ばせる、いわゆるお見合いシートを予約できていましたので、最終着陸態勢までほとんど意識がないほど爆睡できました。モノレール、タクシーと乗り継いで、8時半には職場に到着、波乱に満ちたハイアット修行関西編を無事に終えることができました。これで確かGold Passport のステイアカウントも21ステイになったはずですので、今年後半はゆっくり行こうと思います(笑)。

関西出張 (ハイアット修行関西編) (4) ハイアットリージェンシー京都・レストラン

三十三間堂に行った以外は出歩くのが面倒で、ホテルのレストランに、3軒とも行ってしまいました
先ずはランチを食べた和食の東山。

Dscn01_4

和食堂と言えどハイアットらしいデザイン。でも掃除が大変そうです(笑)。

Dscn02_4

庭園を眺められる窓際席へ案内してもらいました。

Dscn03_4

うーん、Japan! ていう感じです。

Dscn04_4

オープンキッチンも石を多用したデザインです。

Dscn05_5

ちょっとした和食のコースを食べてみたかったので、4千円強のランチコースを頼んでみました。2品目のハモの冷製卵仕立てがおいしかったものの、あとはちょっと普通でした。京都ということで、少し期待が大きすぎた?

Dscn06_3Dscn07_4Dscn08_3Dscn09_3Dscn10_3Dscn11_3

デザートも可もなく、不可もなく、、、もうちょっと工夫がほしいかな。

Dscn12_3

宿泊者用の3千円引きのバウチャーをもらったので、夕食はトラッテリア・セッテでディナーコースをいただきました。

Dscn13_3

接客はちょっとラフな感じで、やや減点気味? グラスのスプマンテも、ワインも結構、高い値段がつけられています。ワインを良く飲むようになって、お酒の値段がわかってしまうと、グラスのプロセッコに1800円はちょっと出しづらいですね。ホテルオークラのルイロデレールと同じ値段です。

Dscn14_2

料理の方は結構、おいしかったです。料理の出る間隔がちょっと開き気味だったのですが、そのせいで、おなかもいっぱいになりました

Dscn15_3Dscn16_2Dscn17_3Dscn18_2Dscn19_2Dscn20_2

最後のカプチーノは量が多くて飲みきれず、、。

Dscn21_2

朝食はザ・グリルのバフェでいただきました。

Dscn22_2

今風の、良い材料を使った品数少な目のバフェです。特に、少しグリルであぶってくれるハムがおいしかったです。

Dscn23_2

ほかのハムも良いものが出ていました。

Dscn24_2

パンもおいしかったです。ここの食事が一番おいしかった? DIA特典で無料ですから(笑)

Dscn25_2

自腹を切ると評価が辛くなってしまうのは、貧乏性な性格ゆえ?

関西出張 (ハイアット修行関西編) (3) 三十三間堂

ハイアットリージェンシー京都の隣は国宝の三十三間堂とのことで、夕方散歩がてら訪れてみました。これはホテルの竹林です。

Dscn00

三十三間堂の前には観光バスが何台も駐車できる広い駐車場があります。

Dscn01_3

これが三十三間堂の入り口。拝観料を払って入ります。

Dscn02_3

三十三間堂は縦が約120mだそうです。

Dscn03_3

こちらは有名な弓の競技をしていたサイド。

Dscn04_3

写真はとれませんでしたが、千手観音が千体奉納されていて、それぞれ顔が違うとのこと。逆に言うと、どっかに自分に似た観音様がいるらしいと案内に書いてありました。

Dscn05_3

仏像の説明が英文のほうが詳しく書いてあって、参考になります。なんで日本語の解説は簡単何でしょうね?

関西出張 (ハイアット修行関西編) (2) ハイアットリージェンシー京都

大阪での仕事を終えてやってきたのは、関西ハイアット修行2日目のハイアットリージェンシー京都です。モルガン・スタンレーの所有という噂で、結構、強気のレートしか出ていなかったホテルですが、一度はハイアッターとして泊まってみたかったホテルです。

Dscn01_2

元々あったホテルを改装したとのことですが、外観上は結構、お洒落に仕上げられています。

Dscn02_2

最近はあまり宣伝しなくなったようですが、ハイアットまでは京都駅の八条口にあるMKタクシーの乗り場から無料で送ってくれます。

Dscn03_2

八条口を出て、通りを渡ったホテルビスタの1FにMKステーションはあります。

Dscn04_2

玄関の竹林が良い雰囲気を醸し出していますね。

Dscn05_2

チェックインもスムース。館内のこんな感じもハイアットタッチ、、。

Dscn06_2

消火栓?のオブジェ。

Dscn07_3

部屋のアップグレードはありませんでした
一番スタンダードのゲストルーム・キングだと思います。

Dscn08_2

パークハイアットソウルと同じ、スーパーポテトのデザインとのことです。ベットウォールの着物を使ったタペストリーが良いです。よそのブログに、古着を使っているので各部屋で柄が違うと書いてありました。

Dscn09_2

Dscn10_2

Dscn11_2

ほかは確かにパークハイアットソウル風デザインです。

Dscn12_2

バスルーム内に白木のイスが置いてあるところなんかも同じようです。

Dscn13_2

Dscn14

別にDIA向けのウェルカムアメニティではないらしい抹茶の金平糖は、妻へのお土産にしました(笑)。

Dscn15

ジムもあるらしいので行ってみます。ホテルの廊下を抜けていった別棟に位置していました。これがスパとジムのレセプション。

Dscn16

ロッカールームは狭いながらも清潔でした。DIA会員にはウェアーを無料で貸してもらえるそうです。

Dscn17

タオルを並べてオブジェにしてます。

Dscn18

ロッカールームの奥にあるドライサウナ。貸切状態でしたので、タオルをひいて横になれます。これが快適ー!

Dscn19

浴室はなく、広いシャワールームが3室あります。バスアメニティはちどりやのローズでした。

Dscn20

狭いながらもラウンジもありました。こちらは男性用だそうです。

Dscn21

アップリコットとイチジクのドライフルーツが、エクササイズ後の体にうれしーい。

Dscn22

これはジムに行く途中のウェイティングスペース。

Dscn23

ジムエリアは思ったより広くて、マシンも豊富でした。

Dscn24

トレッドミルのほか、エルゴメーター、Fitstride も複数台備えられていました。モニターで面白い映画が見れたため、ついつい2時間もトレーニングする羽目に(笑)。
ただ、ジムを使っている人が少なくて、せっかくの施設がもったいないです。外国人も結構、宿泊しているのに、、。

Dscn25

関西出張 (ハイアット修行関西編) (1) ハイアットリージェンシー大阪

またまた、関西出張です。今回は、3泊予定でしたので、ハイアットのステイカウント目当てで、大阪、京都、大阪と事前決済で予約していました。ところが、急に勤務先の予定が入ってしまい、初日は宴会を途中で抜け出して、夜の9時くらいの新幹線で南港のハイアットへ向かうはめに、、
写真は12時過ぎに中埠頭の駅からとったハイアットです。カメラがぶれたのか幻想的な写真になってました。

Dscn01

確か、午後8時53分、品川発ののぞみに駆け込みで乗れました。宴会の料理が途中だったので、野菜たっぷり幕の内弁当って言うのを車内で補食しました-。新大阪から地下鉄御堂筋線で本町へ。その後、本町から地下鉄中央線でコスモスクエアー駅、ニュートラムで中埠頭駅へはすべで終電という、運が良いのか悪いのかわからないめぐり合わせで、タクシーを使わずにハイアットへ着くことができました。

Dscn02

いつものハイアットのロビーがお出迎え。

Dscn03

部屋はクラブデラックスルームの26Fをとっててくれました。新しくはないんですが、毎度おなじみの広めで落ち着く部屋です。

Dscn04

ウェルカムアメニティーも2週間前と同じブドウ。

Dscn05

このタイプの部屋は広いシャワーブースもあって良いですね。

Dscn06

翌日、部屋の窓から外を見てみるとサンフラワーが停泊していました。

Dscn07_2

クラブラウンジで朝食は週末だけらしいので、カフェの朝食バウチャーをもらえました。

Dscn08

可もなく不可もなくというバフェですが、同じ関西のポートピアホテルの朝食バフェがひどかっただけに、さすがハイアットの質は保たれているというべきでしょう。

Dscn09

Dscn10

食べたものはこんな感じ。

Dscn11

これは和食のおかず。デニシュとかも良かったですよ。

Dscn12

この日はすぐ仕事だったので、ガラガラのシャトルバスで梅田に向かいました。

Dscn13

2010年6月 9日 (水)

大磯プリンスホテル・テニス&ランチパック

私たちの世代には、一種の憧れの的だった大磯プリンスホテル。最近、妻とテニス&ランチパックに良く行ってます。土、休日は4800円で結構、お得です。高速が込んでいなければ、東京から1時間ちょっとで着くことができます。

Dscn01

夫婦二人とも朝早いのは苦手なので、先ずはランチです。メインレストランと中華レストランから選ぶことができます。今回は、メインレストランのほうで、、。

Dscn02

レストランの中はこんな感じ。昭和の感じが懐かしいプリンスホテル風そのままです(笑)。日曜でしたので、結構、地元のファミリーでにぎわっていて、満席とのこと。私たちは待つのがイヤなのであらかじめ席の予約をしてあります。

Dscn03

いつもは洋食のランチコースが選べるのですが、今日はイタリアンビュッフェフェアー開催中とのことで、バフェをチョイスしました。これはオードブルのテーブル。このトトロの反対側に前菜のお皿があります。

Dscn04

トトロのアップ。子供が喜んでいました。私も??

Dscn05

エビの揚げ物は頭まで食べられます。隣はポークの煮込み料理。

Dscn06

ラザニア、魚の種類は忘れましたがアクアパッツア、そしてシーフードのクリーム煮が並んでいます。

Dscn07

おなじみの、パルニジャーノ(でしたっけ?)チーズの中にパスタを入れてサーブしてくれるコーナーもありました。4-5年前くらいに東京のイタリアンレストランで流行っていたあれです。ついに大磯に上陸!っていう感じです。

Dscn08

こちらはデザートテーブル。 ティラミスはこの間、テレビでバブル期に流行ったデザートって紹介されてましたけど、結構、好きで食べてしまいます。

Dscn09

私が食べたもの、、。結構、食べたようで食べていない?バフェは本当に体に悪いです(笑)。

Dscn10_2Dscn11Dscn12_2Dscn13Dscn14Dscn15

さて、おなかもいっぱいになったところでテニス開始です。ホテル棟からテニスコートに行く途中にチャペルがあり、日曜なので結婚式が行われていました。

Dscn16

オンシーズンの喧騒が待ちどおしい、大磯ロングビーチ。

Dscn17

テニスパックはコートが2時間使えます。オムニコートも選べるのですが、この日は大きな大会があったようで、端っこのハードコートでした。海風の風下側から2時間連続して打っていたら、手が痛くなっちゃいました。

Dscn18

日曜日の午後は東名高速の上りが混雑することが多いのですが、この日はわずかに出発時間が早かったせいか、スイスイで帰れました。もちろんテニスは消費カロリーが少ないので、この後、地元のジムでもう一汗かきましたけど(笑)。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ