最近のトラックバック

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月に作成された記事

2010年8月31日 (火)

シンガポール家族旅行 (11) 戦利品

10年前ならいざ知らず、物価の上昇したシンガポールではショッピングのメリットはほとんどありません。したがって、戦利品探しにも苦労したのですが一応、載せておきます。
先ずは、往きの機内で買ったフェラガモのネクタイ。値段は1万5千円ですが、ANAカードの10%引きがありますので、1万3500円で買えたことになります。色、デザインが気に入ればお買い得と思います。

R01_5

LVのお財布。同じタイガシリーズのものを使っていたのですが、縫い目もほどけてボロボロになってしまったので更新です。日本で買うと6万1500円するのですが、約5万円で買えたことになります。品物によっても違うのですが、今はドル安が進んでいるので、アメリカで買うのがお得そうです。

R02_5

CD。一枚千円くらいの計算になります。ジョン・メイヤーのCDは前からほしかったので、、。

R03_5

COTTON ON という、現地のユニクロみたいなお店で買ったTシャツ。2枚で25SGDでしたが、クオリティはユニクロ未満です。

R04_6

シャングリラホテル好きの人達のブログで話題になっていた、シャングリラの香りのアロマオイルとディフューザー。シャングリラホテルのホテルショップに行って買いました。ディフューザーの方は部屋が狭いと少し香り強すぎるのですが、アロマオイルは重宝しています。確か2つで5千円弱したと思います。

R05_5

最後はラッキープラザの、本物CAも御用達のお店で作ったエアライン・クルータグ。今回は、どうせならとエミレーツにしました(笑)。色もやはりGOLDがお似合いかと、、。

R06_5

シンガポール家族旅行 (10) SIN>NRT

楽しかった夏休みシンガポール家族旅行もいよいよ帰国です。今回の帰りの便は、午後11時半SIN発のNH902でした。チェックアウト後もハイアットのスパが使え、ラウンジで最後のカクテルタイムも満喫できて、有効な時間の使い方ができました。
写真はT2。

R01_4

☆Gのカウンターで荷物を預けます。RIMOWAの70cmのTOPASは22kgでしたが、特に問題なし。海外旅行のときに、荷物の重量超過の心配がいらないのは☆Gの大きなメリットです。

R02_4

T3ほどではないものの、T2のなかにもこんな所がありました。

R03_4

免税店をちょこっと見てから、、。

R04_5

インビテーションされたのは、今年の3月にバリ島に行くときにSQに案内されたのと同じSATSプレミアラウンジ。

R05_4

ラウンジのなかはこんな感じ。

R08_3

R07_4

前回訪れたときは食べ物がちょっとチープで、今ひとつな印象のラウンジだったので、家族には期待しないでねと言っておいたのですが、、。
杞憂でした。娘達はガンガン、つまんでましたー(笑)。

R06_4

そんなこんなしているうちに搭乗時間です。

R09_3

朝の4時に強制起床・朝食の刑に合いましたが、私は食べれず、、。
朝の7時半、成田に無事、到着です。

R10_2

シンガポール家族旅行 (9) シンガポール・ローカルフーズ

シンガポールの食と言えば、ホーカーズ&ローカルフーズ。美味しい店は作り方を見れば分かるそうな、、。今回の旅行で食べたローカルフーズ etc. を一挙にご紹介します。

R01_3

先ずはグランドハイアットのプールサイド・レストランで食べたラクサ。さすがホテルの料理なので具が多いです。味も上品で万人向け。ラクサファンには物足りないでしょうが、、。

R02_3

ラクサを食べていると、辛くてビールが欠かせません(笑)。

R03_3

同じくハイアットのナシゴレン。

R04_4

私達家族の大好物、ハイアットのスパイシー・チキンウィング。一人前で6本なので、4人でいつも奪い合いです(笑)。

R05_3

ハイアットのワンタン・ヌードルスープ。この料理のスープは、日本人的には薄口で、少しコクが足りなく感じるかも知れません。

R06_3

上の娘が大絶賛!彼女の今回の旅行のベストフードだったらしい、フライド・ホッケンミー・ハイアット版。

R07_3

今回はあちこちのモールにフード・リパブリックというフードコートができていました。フードコートのお洒落版といった感じで、行列のできる有名店のお店も多く入っているようです。これは313@サマセットというMRTサマセット駅近くの新しいショッピングモール、ユニクロ、ZARA、Forever21などの流行のお店が入っていました。

R08_2

ここのフードコートもフード・リパブリック。

R09_2

ここで驚いたのは、きれいなオネーさんがセグウェイに乗ってドリンクの販売をしていること。まさに未来的!

R10

おなじみチキンライス・セット。

R11

スーラータンメン。

R12

香港風焼きそば。

R13

私が結構はまってしまった、海老のフライド・ホッケンミー。

R14

カキのオムレツ。チリソースが合ってます。

R15

次の写真4枚は海老のフライド・ホケンミーの調理風景です。

R16

フライドと言ってもメンともやしをフライパンで蒸してから、ご覧のように海老と大量のスープを投入し、スープを煮詰めていくようです。

R17

ちょっと煮詰まってきたらネギを投入、さらに煮詰めてゆきます。

R18

こんな感じで作って行くので、あんな濃厚な海老味がするんですね。

R19

ユニバーサル・スタジオ内のレストランで食べたフライドチキン。

R20

日本より鳥の味が濃かったような気がします。地鶏なんでしょうか(笑)

R21

オーチャードに新しくできたコンプレックス、アイオンのフードコートにも行ってみました。

R22

私は大好きなピータンかゆ。結構、適当に作ってるようなんですが、以外に美味しかったです。

R23

これは現地の人が行列していた店のフィッシュボール・ヌードル。妻に言わせるとメンが今ひとつだったそうです。

R24

ハイアットのジムで毎日のトレーニングは欠かしていなかったのですが、帰国後に体重が1.5kg増加したことが判明、今は厳しいダイエットの毎日です(涙)。

シンガポール家族旅行 (8) ヒルマン・レストラン

シンガポールのレストラン紹介の第3弾はペーパーチキンのヒルマン・レストラン。これまた在星邦人が現地の企業の飲み会で使うお店とたとえられています。リトルインディアに近い、ちょっと観光客が訪れるにはディープすぎる立地なのですが、今回訪れたレストランの中でも日本人率(それも本当に在星邦人!)がかなり高かったです。看板の色もちょっと怪しいバイオレットカラー。

R01_2

お店のなかはこんな感じ。

R02_2

お店のなかにフレンチの3星シェフ、ポール・ブキューズが絶賛した店との宣伝看板が、、。本当なんでしょうか?

R03_2

訪れる日本人客が多いせいか、メニューの看板にも日本語が併記されています。まあ、サービス精神は旺盛なんでしょう。

R04_3

出たー。名物ペーパーチキン。チャーハンの上に乗っけて食べると醤油味のスープがしみておいしいらしい、、。娘達もそのマナーに習って食べてました(笑)。
今回は包んである紙がチキンにくっついていて、ちょっとはがしにくい気がしました。この店は何回か訪れていますが、以前もこんな感じだった?

R05_2

空芯菜のニンニク炒め。野菜の炒めものは、私的にはこれが今回の旅行中のベスト!

R06_2

豚リブの中国ソース炒め。

R07_2

五目土鍋煮込み。味はまあまあだったのですが、サトイモみたいなものが多いなーと思っってガンガン食べていたら、ニンニク丸ごとと分かりショック、、。スタミナつき過ぎです。

R08

ホタテ貝の海鮮チャーハン。これはパラパラとしたタイ米が美味しかったです。

R09

私達はこの店が移転する前の店の時代からのリピーター、前の店は確か、店の前の道路にテーブルを並べて暗いなかで食べていた思い出があります。シンガポールのB級グルメ、健在というところでしょう。

シンガポール家族旅行 (7) 翡翠拉麺小籠包

シンガポールのレストラン第2弾は翡翠拉麺小籠包。クリスタル・ジェード・グループのカジュアル・ダイニングのお店です。香港にも、ここシンガポールにもいくつか支店がありますがいつも行くのはニーアン・シティー店。高島屋が入っているオーチャードのコンプレックスです。

Photo

お店の外観はこんな感じ。地元の人がほとんどです。

Crystal_jade

まずはプロモーション中だった、焼きショウロンポー。

R01

鶏の四川ソースがけ。こちらの鳥料理は骨が取ってないことが多く、日本人には食べにくいようです。

R02

季節の野菜の炒めもの、MIx Version 。

R03

ひき肉の四川風甘辛炒めを中華風パイ皮に包んで食べる料理です。これは結構、うちの家族好みだったかも、、。

R04

エビチリかと思って頼んだエビの唐辛子炒め。唐辛子を食べてしまうと口か火が出そうです

R05

牛肉のオイスターソース炒め。定番の味です。

R06

鶏肉の2度煮込みそば。スープの味は良いのですが、メンが柔らかすぎでした。六本木の香妃苑の鳥煮込みそばのほうが美味しかも、、。

R07

日本のファミレス風に写真の豊富なメニューが用意されているので、大体、想像通りの料理が出てきました。昔はシンガポールの中華レストランで注文すると、半分くらいは想像と違ったものが出てきたものです(笑)。

2010年8月30日 (月)

シンガポール家族旅行 (6) レイ・ガーデン

在星日本人が、日本から来た家族や友人をもてなす時に良く使うレストランとして知られているレイ・ガーデンに行ってきました。きっと、お店がきれいでサービスが良く、料理の味も日本人好みの繊細さがあることのたとえなんでしょう(笑)。
レイ・ガーデンは香港に行ったときにも訪れていますが、1人旅では中華料理が十分堪能?できなかったので、家族連れでリベンジです。オーチャードにもお店があるようですが、今回は雰囲気が良さそうなチャイムス店。

R06_2

チャイムスは古くからあった修道院を改装して、レストラン、ショップなどのモールにしたとのことでたいへん雰囲気があります。

R01_2

R02_2

今でも教会として使われているのでしょうか、こんなステンドグラスの入った窓もありました。

R03_2

R04_2

R05_2

レイ・ガーデンのお店もテラス席があったりして良い雰囲気

R06_3

お店のなかはこんな感じ。奥にはいけす代わりの大きな水槽がありました。

R07_2

今回はランチで訪れたので、北京ダックのハーフと4名のセットランチを頼んでみました。
セットのスープはこの鳥の味が濃厚なスープ。モンク・ジャンプ・スープみたいな大きなツボに入ってきます。鳥の身の部分も取り出してくれて、食べるようになってました。
セットメニューなのでフカヒレみたいな高い食材は使われていないのですが、ローカルフードにはない味の繊細さがあります。

R08_2

出たー!北京ダック。このあとテーブルサイドで皮の部分だけにしてくれます。

R09_3

レイ・ガーデンの北京ダックは、このクレープ状のカワに包んで食べるのが特徴のようですが、確かに美味しいー。

R09_2

写真を撮るのを忘れてしまったのですが、この後、飲茶の点心が2種類出て、この湯葉巻きを揚げたものに続きます。中身はカニだったような、、。

R10_2

Seasonal Vegitable は、このほうれん草のニンニク炒め。

R12_2

豚肉の中華風ソースがけ。

R13_2

ガルーパ(日本だと魚のハタ)のから揚げと野菜の炒めもの。

R14_2

エビのクリスピー・ヌードル。

R15_2

これはデザート。

R16_2

北京ダックは別注文ですが、セットランチは4人分で確か75SGD++のたいへんお得な値段でした。高級な食材は使われていませんが、ランチとしては十分に楽しめる内容でした。次に訪れるときは、飲茶かディナーで行ってみたいですね。

シンガポールと言えば、ラッフルズホテル。レイ・ガーデンの帰りにデリカテッセンに寄ってみたのですが、内容はいまひとつ。東京のパークハイアットのデリカに完全に負けてます。スーベニアショップのほうに力を入れているせいかも知れませんね。

R17

シンガポール家族旅行 (5) サンズ・スカイパーク(マリーナ・ベイ・サンズ)

今回のシンガポール旅行では、このホテルにも行ってみました。
地上55階の空中庭園やプールで話題のマリーナ・ベイ・サンズです。
これはタクシーの助手席から走行中に撮った写真ですが、遠くからもこの巨大で奇抜な概観で目立ちます。

R01

これは正面から撮ったところ。要するに、3棟のホテルの屋上をつなぐように巨大なデッキが乗っているんです。

R02

この巨大高層屋上庭園は、ホテルゲスト以外の一般客にも有料で公開されています。
なづけて、サンズ・スカイパーク。チケット売場はホテルのB1Fにあります。

R03

入場料は大人1人、20SGD。

R04

55F行きのエレベーターに向かいます。

R05

スカイデッキのぶっ飛びデザインと違って、エレベーターはごく普通。

R06

かなりの高速エレベーターであっという間に屋上に着きます。

R07

胸の高さまでは透明な柵、それより上はワイヤーが転落防止のために張ってありました。

R08

シティ側はこんな景色が広がっています。左側の奥のほうにはセントサ島も見えています。下に見えるのは、マリーナ・ベイ・サンズのカジノやショッピングモール。

R09

対岸にはフラトーンホテルが見えています。

R10

こちらにはドリアン形で有名なエスプラナーダや、マリーナスクエアーが見えています。

R11

こちらは海側、シンガポールフライヤーが見えています。

R12

マリーナ・ベイ地域はまだまだ、開発が進むようです。写真にこの建物の影が写っていますね。

R13

このスカイパークの見ものは、このインフィニティ・エッジのプール。ホテルゲスト専用のプールです。

R14

プールがまるで空中に張り出しているように見えるので驚きます。

R15

R16

プールから誤って落ちてしまったら危険では?と誰もが心配になってしまいますが、、。
次からの3枚の写真は、トリップアドバイザーから借用した写真です。このスカイパークのプールがどんな構造になっているのかがよく分かると思います。

Infinitypoolatmarina

Infinitypool

そうなんです。プールの外側に1階分低い通路みたいな構造があって、そこには結構高さのある柵が設けられていたんです。これならよほどジャンプして飛び出さない限り、プールから万が一転落しても大丈夫という訳です。

Marinabaysands2

今度はこのホテルにも泊まってみたいね、なんて話しながら地上に降りていきます。

R18

ホテルも少し見ていこうといくことになり、、。これはホテルフロント。規模のわりに小さめですね。

R19

3棟のホテルがアトリウムで繋がっています。アトリウムに面したホテルルームは構造から低層階のお部屋らしいです。

R20

こちらはショッピングモール。まだ、大部分のお店が Coming Soon !

R21

カジノの建物の前から、シティ方向を見たところ。さすが香港ほどの広さはありませんが、シンガポールの夜景もきれいでした。

R22

2010年8月24日 (火)

シンガポール家族旅行 (4) ユニバーサル・スタジオ・シンガポール~Segway Sentosa

私たちの家族的には今回のシンガポール旅行のハイライト、ユニバーサルスタジオ・シンガポール(USS)とセントサ島のアミューズメント施設、セグウェイ・エコ・ツアーの紹介です。特に後者のセグウェイは日本では乗れる場所もなく、ほとんど幻の乗り物ですので興味深々です。
とりあえず、ハイアットからタクシーでセントサ島のUSSへ向かいました。

R03_2

セントサ島の大マーライオン。

R01_3

左側はカジノ、右側がUSSです。

R02_2

USJでもおなじみの地球儀型オブジェ。

R03_3

入り口の大きな門です。

R04_2

確か入園料は大人1人66SGD。レストランとみやげ物店のバウチャーが1人に5SGDずつついてました。

R05_2

入園するとこんな感じ。USJより少し小ぶりな感じでしょうか?

R06_2

R07_2

未来のSFゾーン。

R08_2

古代エジプトゾーン。結構、石像とか良くできていて、エジプトに行ったみたいな写真が撮れそうです。

R09_2

R10_2

人と比べると大きさが巨大なのがわかります。

R11_2

R12_2

これはハムナプトラ、原題 Mummy (ミイラ) を題材にしたアトラクション。激しいジェットコースター的な乗り物のようなので遠慮しました(笑)。

R13_2

R14_2

ジェラシックパークゾーン。

R15_2

これは乗ってみたのですが、ふり落とされそうで恐かったです。

R16_2

USJでもおなじみ、ウォーターワールド。お客さんに盛大に水をかけてました。

R17_2

私的には一番面白かったシュレック4D。3D+触感で4Dなんでしょうか、椅子が動いたり、水をかけられたり、クモに触られたりします(笑)。

R18_2

予約していたセグウェイ・ライドに向かおうと思ったら突然のスコール!

R19

ハーシーズのショップなど冷やかしながら雨宿りです。

R20

スコールがあがるまでにカジノも見ておこうと、、。

R21

カジノの入り口です。私は賭け事には全く興味がないので、見るだけでーす。

R22

カジノのショピングモール。まだ、工事中の店が多いです。

R23

セントサ島の古い看板も補修中、、。

R24

セグウェイ・ライドに向かいます。

R25

これがセグウェイ・ライドのお店、ちょっと小さめですがサービスは特に問題ありませんでした。

R26

体験試乗コースの練習場。

R27

私たち家族が乗る4台のセグウェイを準備してもらって、5分間程度の練習ののち。約45分くらいのエコツアーに向かいます。

R28

親切な指導の先生の後からついていく、私たち家族の後ろ姿。

R29

セグウェイの乗り方は簡単で、すぐに自由に乗れるようになります。45分くらい乗って、ファミリー割引4人分で138SGDでした。
結構面白くて、はまってしまいそうな乗り物で、また機会があったら是非乗ってみたいです。家族の良い思い出になりました

シンガポール家族旅行 (3) グランドハイアット・シンガポール - Gland Club & DAMAI SPA

このブログの本来の目的(笑)である、フィットネスジムとクラブラウンジのレポートです。最近、富に食べログ化していて申し訳ございません。

R17_4

まずはグランドウィングのクラブラウンジ、グランドクラブからご紹介します。
ラウンジに続く廊下から、ゴージャス感たっぷりです(笑)
この部分は派手すぎて、スーパーポテトのデザインでないのかも、、。

R01

ラウンジ内はもろスーパーポテトデザイン。ひとことで言えばウッドと自然石を組み合わせたシンプルデザインという感じです。結構、席数も多いです。

R02

こちらはソファーコーナー、カクテルタイムは照明も落とされ、飲む雰囲気満点になります。

R03

R04

ソファー席奥のライブラリーコナーの席。ここも落ちける良い席でした。

R05

出たー!スパーポテトオブジェ。小さいのでいいから自分の書斎にも1個ほしい、、。

R06

R07

6日間滞在し、毎朝晩訪れていたので、家族全員が完全に顔パス(笑)になりました。普通は部屋番号と名前を聞かれるチェックを受けるのですが、私達の場合は、ほぼスタッフ全員があちらから名前で声をかけてくれるようになってしまい、ちょっと恥ずかしいかも、、。
写真は朝食の例ですが、朝、晩ともにふつうのクラブラウンジより、ちょっと食べ物の種類が多めという感じでした。カクテルタイムのワインは赤白2種類づつ、スパークリングは残念ながらなし。以前訪れたときは、毎日握り寿司が出ていたと思うのですが、今回はほとんど巻き寿司になっていました。外国の人には巻き寿司の方がウケルかも知れませんが、日本人は握りが食べたいですよね。

R08

プール、フィットネスジム、スパをレポートします。ガーデンウィングからプールのあるテラスウィングには、1Fの連絡通路かこの4Fの中庭を通ってアクセスすることになります。

R09

ガーデンプールです。泳ぐというより浸かるタイプのプールです。

R10

奥にある3つのカバナーが快適でシェスタにはもってこい、特に料金はかからないのですが早いもいの勝ちです。

R11

プールサイドのレストラン。テラス席にすわり、ランチにビールを飲める幸せを感じてしまいます。

R12

ホテルが結構空いていた時期なのかも知れませんが、ほぼ毎日、カバナーをゲットしてました。下の娘に言わせると、このカバナーは天国のように快適で「極楽浄土」気分に浸れるのだそうです。

R13

プールの横にはテニスコートがあります。東京で言えば、銀座4丁目ともいえるこの立地にテニスコートがあるのがさすがシンガポール。親子で炎天下のテニスをしましたが、湿度が高くてスゴい汗だくになりました。

R14

フィットネス&スパはDAMAII。

R15

以前にも載せたのですが、このグランドハイアット・シンガポールのジム、マシンの充実度はもちろんですが、そのデザイン性が非常に高く、スタイリッシュです。おそらく、1から徹底的にリニューアルされたようで、同じマシンがきれいに横並びに設置されています。ジムデザイン評論家?の私としてはかなりの高評価です。

R17

R18

こちらはスパのウェイティングスペース。東京のグランドハイアットのNAGOMIにも似てます。

R16

子供達も写真を撮っていたロッカールームへ続く廊下。

R19_2

こちらロッカールーム、清潔で使いやすいです。

R20

スパは広めのホットバスのほか、ドライ&ミスとサウナ、リラックスルームもありくつろげます。シャワールームもレインフォールシャワー付きで快適です。
これでフレーバーティーとかドライフルーツとかが置いてあれば文句なしなんですが、、。

R21

帰国の日は深夜便でしたが、チェックアウト後もこのスパを利用できたため、大変便利で助かりました。ラウンジのカクテルタイムにもアクセスでき、最後の最後までスタッフの方には良くしていただき、感謝していまーす

シンガポール家族旅行 (2) グランドハイアット・シンガポール - Grand Duplex Suite

今回のシンガポール旅行は、グランドハイアットに宿泊しました。オーチャード通りの中心に近く、DFSの向かい、ニーアンシティの高島屋に歩いていける便利なところにあります。築年は古いのですが、改装して日が浅いので内部はきれいなホテルです。

R01_2

エンタランスホールもハイアットらしいスタイリッシュでモダンな雰囲気です。

R02

フロントレセプション前も、日本のデザインチームのスーパーポテトが手がけていることがすぐに分かるハイアット・タッチ。

R03

今回予約してある2部屋のうちのひとつは、ゴールドパスポートDIA会員のスイートアップグレード特典を使って、128m2のGrand Duplex Suite にしてもらっています。もちろん、親(私達夫婦)用です。いわゆるメゾネットタイプのスイートで、1階部分にはリビング、2階部分にベットルームとバスルームが配置されています。簡単なキッチンも付いていますし、トイレも2つありました。
ドアを開けると、、。

R04

1階部分のリビングルームがあります。とにかく広ーいです

R05

大型のソファー、カウチソファーが置いてあります。

R06

R07

ダイニングテーブルもこの大きさで、ミーティングができるように天井から降りてくる電動スライドスクリーンもありました。私達はルームサービスの食事をとったり、ホーカーズのテイクアウトを食べたりしましたが、このテーブルは広すぎて、、(笑)。

R08

R09

お部屋の中にもいろいろとお花が飾られています。

R10

R11

ハイアットらしいスタイリッシュというか変な?置物も、、。

R12

ウェルカムフルーツも山盛りで、毎日取り替えてくれます。最初の数日は食べてみなかったのですが、毎日捨てるのももったいないかと思って家族の皆で食べてみたら、結構美味しかったです。よくウェルカムフルーツは飾り物みたいにおっしゃる人もいますけど、どうなんでしょうネ?
チョコレートはmezza9のものでした

R13

これはキッチン、アッパールームの定番、ネスプレッソも置いてあります。

R14

ちょっと狭めの階段を昇っていくと、、

R15

ベットルームがあります。実際は写真よりも広く感じるベットで、マットレスの寝心地も良かったです。

R16

ベットサイドにはipodがコネクトできるコンパクトオーディオも置いてありました。

R17

R18

左側の奥まったところにある部屋は、ドレッシングルーム。

R19

R20

部屋の構造がよく分かるように、吹き抜けの部分から撮ってみました。

R21

R22

バスルームも豪華なマーブル張り。

R23

このくらいの部屋になるとダブルシンクの部屋が多いのですが、この部屋はシングルシンクでした。

R24

シャワールームはもちろんレイン・フォール・シャワー、ただし水量が残念ながら少し弱めでした。

R25

子供達のGrand Deluxe Room は通常のハイアットのバスアメニティーでしたが、スイートはこのシトラスフレーバーのものでした。

R26

部屋は最上階20、21階の中庭側に位置しており、オーチャードの喧騒とも無縁です。向かいに見えるのはテラスウィングの建物です。

R27

ちなみにこちらは子供達のGrand Deluxe Room。こちらもスイートタイプになっており、左奥にベットルームがあります。

R28

リビングルームを反対側から見るとこんな感じ。ベットルームは自宅の子供部屋と一緒で散らかっていたので、写真を撮れませんでした

R29

エンタランスホールのB&O ショップの前のオブジェ。ちなみにグランドウィングのテレビはすべてB&O のようですし、東京のグランドハイアットのスイートにもB&O のオーディオが置いてあるようです。デザイン重視ということでは共通点が多い2つの会社ですが、企業間でコラボしているんしょうかネ?

R30

スパやプールに行くときに通る1Fの渡り廊下。こんなところも十分ハイアットしています。

R31

事前に調べていた通りの素晴らしいお部屋でした。ただ余りに広すぎて、私達家族が有効に使えていたかはちょっと疑問が残ります。使っていないクローゼットとか引き出しも多かったような、、。

シンガポール家族旅行 (1) NRT>SIN

夏休み家族旅行はシンガポールです。シンガポールは下の娘が生まれる前から家族で10回以上も訪れている懐かしい国ですが、私以外は10年近くも訪星していなかったようです。近年、セントサ島再開発、ユニバーサルスタジオ・シンガポールのオープン、カジノ誘致などのニュースがありましたが、赤道直下の近代国家の変貌振りはわたしたち家族の目にどう映るでしょうか?
冒頭の写真はホテルフリークであれば、少なからず興味があるラッフルズホテル。前を通っただけです(笑)。

R01

今回は奮発して、以前よく使ったUAではなくてANA便を予約してあります(笑)。シンガポール早朝発のUA便は朝4時起きをしなければならず、スケジュール的にも無駄が多いので値段は安かったもののチョイスしませんでした。最近はエコの食事があまり良くないですし、、。
☆Gのわたしたちは、いつものように第1ターミナルから出発です。

R02

家族4人で、優先チェックイン。当然ながら予約通りの席でUPもなし、ビジ、エコともほぼ満席のようです。

R03

ちょっとだけ街中の店よりおしゃれな雰囲気のユニクロ空港店を毎回、のぞいてしまいます。

R04

セキュリティーの優先ゲートを抜けると、スタアラの機材が並んでいて壮観です。コンチネンタル、UA、アシアナ、ANA、、。旅行好きが高じて、2レターのキャリアーコード、3レターの空港コード、機材名なども少しはわかるようになった Fitnessfreak です。

R05

ちょこっと免税店をウィンドウショッピングした後は、恒例のANA ラウンジ詣です。

R06

今回は広いほうのラウンジ、、。

R07

R08

結構、混んでいました。
サケバーは雰囲気は良いものの、日本酒は飲むとお酒臭くなってしまうので、私はパスです。

R09

冷えた白ワインが季節柄、ベストチョイスでしょう。

R10

家族全員、昼ごはんは少なめだったので、いろいろと美味しくいただきました。

R11

もちろんANAそばも、、。

R12

私のみ、これまた恒例のシャワータイム。

R13

結構、余裕を持って家を出てきたつもりなのですが、もう搭乗開始です。

R14

機内から見えたサンセット、写真よりも実物がキレイです。

R15

いつものように赤ワインをいただきます。最近、エコだと紙パックのワインを出すキャリアーもありますが、ANAはちゃんとミニボトルでもらえます。

R16

食事はエコでも結構、食べれます。あ、白ワインももらってます(笑)。

R17

順調にチャンギ国際空港のT2に到着です。入国審査もほ待ち時間ゼロ。家族には一番新しくてキレイなT3を見せてあげたかったですが、ま、帰国する時にでも寄ってみましょう。

R18

今回は、ハイアッターの定石通り、グランドハイアット・シンガポールに宿泊です。

2010年8月17日 (火)

高崎出張 グランスタで一杯、、。

月1回の高崎お泊り出張、今月はお盆休みと重なってしまいました。猛暑日の暑さのなか、東京駅は大混雑でした。

R01

出張中はトレーニングができないので、いつもは出かける前に地元のジムで軽く汗を流してから出発するのですが、今回は仕事の関係でなし。その代わり東京駅には早く着いてしまったので、時間潰しにグランスタに行ってみます。
そこではせがわ酒店についフラフラと。いつも通りかかるたび気になっていたお店です。

R02

カウンターでちょっとしたつまみとお酒(日本酒)が楽しめるお店です。いつも満席なのですが、この日はたまたまなのか席が空いてましたー
日本酒のスパークリングなんていうのもあったのですが、この日は暑い日の定番、冷えた白ワインをオーダーしました。

R03

お勧めおつまみ盛り合わせは、日本酒でなくても白ワインでしたら合いそうです。
日本酒に力を入れている店なので、ワインは今ひとつでしょうか、、。値段もグラス千円とこの場所には少し高めなような気がしました。

R04

今回のお供は、いつものTUMIプラスRIMOWAではなくて、グローブトロッターのトローリーケース。55cmサイズなのでパソコンは中にしまってます。

R05

メインは健康に気をつけて(笑)、30品目バランス弁当。羽田空港の同名のお弁当より美味しかったように思います。

R06

高崎郊外の出張先はこんな、日本の原風景のような田んぼのなかにあります。この山の向こうがJALが墜落した御巣鷹山だそうです。合掌

R07

月曜の朝、高崎始発のたにがわで帰京、すぐに職場に向かいました。前の週、かなり疲れていたこともあり、車内にカメラケースを忘れてきてしまいましたが、あとで無事に手元に戻りました。日本はまだまだ忘れ物が戻る国なんですね。

R08

いよいよ、週末はシンガポール夏休み家族旅行でーす

2010年8月12日 (木)

リコー GRD3 買いました!

買いました!リコーGRD3。ブログをはじめた昨年春当時は、家にあった古いIXYを使ってブログの写真を撮っていたのですが、昨年の夏くらいから良いカメラが欲しくなり、いろいろと探していました。前からリコーのGRDシリーズの評判は知っており、買おうかなと思っていたのですが、そのときはGRD2のモデル末期の時期でして、GRD2の価格が下がるのを待っていたらGRD3が発売されてしまって再び値段が高騰、購入を断念した経緯があります。その後、撮影準備が早いニコンのCoolpix S640 を購入して、まあまあ満足していたのですが、GRD3の価格が大分こなれてきたこともあって今回の購入にふみきりました。
ハイエンドマニア向けコンパクトデジタルカメラという位置付けのようですが、まあ、持っているとオッと言われるカメラのひとつには違いありません。レンズが良くて、暗いところでのマクロ撮影が得意と書いてありましたので、ブログの写真を撮るのにも良いかと思います。マニュアルで撮影条件などいろいろと変えられるようですが、こちらの機能はおそらく使わないと思います(笑)

Dscn01

オリジナルのストラップのほかに、スノオのファブリックケースも一緒に購入しました。オリジナルのレザーケースはちょっとかさ張る印象だったものですから、、。

Dscn02

まあ、綺麗な写真がブログに載せられますか、請うご期待!ということで。

2010年8月 9日 (月)

梅の花 蒲田店

真夏の合間の曇りの日曜日、妻と上の娘を連れて、自宅の隣町の豆腐料理の店に行ってきました。梅の花 蒲田店です。

Dscn01_2

蒲田のニッセイ・アロマスクエアの2Fにお店はあります。

Dscn02

席の混み具合にもよるんですが、たいてい個室に案内してもらえます。

Dscn03

3人とも頼んだのは季節のコース、風の膳 確か2600円です。私だけ、昼からビールで尿酸値を上げています(笑)。
豆腐料理なのですが、一品一品がきちんと味付けされており美味しかったです。最後のご飯もアナゴ山椒ご飯で、湯葉のお椀とともに美味しくいただけました。

Dscn04Dscn05Dscn06Dscn07Dscn08Dscn09

デザートは300円の追加料金でプロモーション中のマンゴ系デザートに変更してもらえます。当然、アイスの部分は豆腐アイスなんですが、これがふつうのバニラより美味しかったー!

Dscn10

この後、私だけ地元のジムでゆっくりトレーニング、汗を流すことができました。
梅の花は結構、好みです。もし勤務先の徒歩圏内にあれば、週1でリピートしてしまうかも、、。

2010年8月 8日 (日)

六本木サマーナイト グランドハイアット東京

プロモーションのアワード宿泊の消化に忙しい(笑)Fitness Freak です。金曜日の仕事が終わってから妻とグランドハイアット東京に宿泊してきました。さすがにこの時期、パークハイアットは金、土曜日のアワード予約はできないのですが、グランドハイアットは可能です。私たちの世代にとって六本木は、若いヤンチャな頃を頃を思い出させてくれる街ですが、今となっては街に繰り出す元気もなく、ラウンジとジム&スパ三昧で過ごしました。

Dscn01

Dscn02

Dscn03

お部屋は、私一人で宿泊するかもしれなかったのでクラブキングを予約していました。このキングベットかなり幅が広く、私たちのように、寝るときはあまり干渉されたくない夫婦にも対応可能です(笑)。

Dscn04

嫌煙派の私たちにとってはうれしいことに、グランドハイアット東京のクラブラウンジもついに全面禁煙化されたようです。

Dscn05

奥のくつろげるソファー席にも灰皿が置いてありません。良かったー! あとは福岡のラウンジです。

Dscn06

いつものようにNAGOMI でスパ三昧。

Dscn07

Dscn08

ここのジムはウェアーのほか、靴下、シューズも無料で貸してくれるので、本当に手ぶらでエクササイズすることができて快適です。

Dscn09

シチリアのピザとか、香妃園の鳥煮込みそばを食べに行っていた頃の六本木が懐かしい世代のFitness Frerak のレポートでした。

2010年8月 6日 (金)

雲上の別世界 パークハイアット東京

暑い夏の日、家族でパークハイアット東京に宿泊してきました。47階の部屋からは明治神宮の森の緑がきれいに見えます。時折、低い高さの雲がホテルをかすめるように流れて行き、快適な空調の室内にいるとまるで雲上の別世界にいるようです。

Dscn01

いつものことですが、チェックインから一度も立ち止まることなく部屋にスムースに案内されます。バレーパーキングの値段が5000円と高めなのですが、このスムースなチェックインを体験してしまうと、自分で車をパーキングに停めに行きたくなくなります。
これは2Fのエンタランスロビー。

Dscn02

エレベータが41Fに到着してドアが開いた瞬間、ピークラウンジの緑が目に飛び込んできます。

Dscn03

ほの暗いジランドールを抜け、この絵の飾られたコーナーを曲がると、、、

Dscn04

そこには、この印象的なスペース、ライブラリーがあります。ライブラリーを抜け、フロントレセプションに立ち寄ることなく47Fの部屋に案内され、まさに流れるようなチェックインサービスでした。

Dscn05

子供たちの部屋も、私たち夫婦の部屋もパークツインのコーナールームを用意していただいていました。コーナールームはデラックスルームに比べると部屋はコンパクトなものの、2面に窓があり、展望の面では優るように思えます。

Dscn06

Dscn08

Dscn07

バスルームも広さはパークルームレベルですが、タオル、アメニティーが多数用意され、快適なホテルステイが可能です。

Dscn09_3

ジムの後に寄ったスパもいつも通りの快適空間。

Dscn10

大都会東京の夜景は何度見ても飽きない美しさです。

Dscn11

翌朝はDIA特典で家族でジランドールの朝食をいただきました。われわれ夫婦は卵料理は遠慮させていただきましたが、娘たちはall mix のオムレツがおいしかったと大満足。非日常的な一日を過ごすことができました。やはりパークは良いですねー。

Dscn12

2010年8月 1日 (日)

箱根 SOLO PIZZA

箱根でのランチはどこにしようかと考えていたのですが、前からブログなどで評判の良かった仙石原の一軒家のピザ屋さん、SOLO PIZZA が翡翠から近かったのを思い出して行ってみました。一応、翡翠のフロント・コンシェルジェに予約をお願いしておきました。
写真はプロシュートのピザです。見た目も美味しそうですね。

Dscn01_2

Dscn02_2

昨日から食べ続けでしたので、腹ごなしもかねて歩いて行きました。早川は昨日までの雨でかなり増水していました。

Dscn03_2

裏道を通って国道138号線に出て、さらに強羅方面に少し歩いていくと左側に看板が見えました。有名なイタリアン アルベルコ・バンブーも近くにあるみたいです。

Dscn04_2

ちょっとした登り坂の道を歩いていくと、右側にイタリアの国旗が、、。これはアルベルコ・バンブーのお店の看板でした

Dscn05_2

途中、山ゆりとかアジサイがきれいに咲いていました。立ち並ぶ別荘も軽井沢風でちょっといい感じ。

Dscn06_2

そろそろ、この道でよかったのだろうかと思い始めるころに、右側にお店が見えてきました。小さな電飾の看板しか目印はありません。よく見るとちょっとおしゃれな洋風の別荘風の一軒家です。

Dscn07_2

木の生い茂る門をくぐっていくと入り口がありました。

Dscn08_2

中はアーリーアメリカン風というか、古民家風の凝った内装です。さりげないようで、めちゃくちゃ手をかけているのがわかります。

Dscn10_2

暖炉なんかもあります。

Dscn11_2

こんな額も、、。アパレルの Papas 経営の店とのことで、店内にはカタログもさりげなく置いてありました。納得のデザインセンスです。

Dscn12_3

デザインに凝ってはいるけど、お料理の味はどうかな?と思っていたのですが、期待を良い意味で裏切るほどの美味しさでした。
これがゴルゴンゾーラーチーズのムース。チーズのムースをピザ生地を切ったものにつけて食べるのですが、軽い口当たりでおいしかったです。私は厚めのピザ生地はあまり好きではないのですが、この窯焼きのピザ生地の美味しさは初体験でした。

Dscn13_2

トリッパのトマト煮込み。冷たくてラタティーユ風の味付けでさっぱりしていました。

Dscn14_2

プロシュートのピザ。このピザ以外にも、他の方が頼んでいたクアトロフロマージュ(4種のチーズのピザ)とか美味しそうなピザがありました。

Dscn15_2

これは窯焼きチキン。ジューシーでしっかりとチキンの味がして美味しかったです。

Dscn16_2

デザートに行きまーす。娘がオーダーしたブラッドオレンジのジェラート。

Dscn17_2

妻のオーダー、沖縄産完熟アップルマンゴーのパフェ仕立て。妻が美味しいからと一口勧めてくれたのですが、確かに Good!

Dscn18

こんなテラス席もあるようです。この日はちょっと蒸し暑かったので、皆さん店内で食事されてましたが、春先とかのランチタイムにはテラスが気持ち良いかも、、。

Dscn19

帰りはタクシーを呼ぼうかと思っていたのですが、美味しいものも食べて、おなかも気分も調度良い具合になったので、また歩いて翡翠まで帰りました。途中、ラリック美術館はガーデンとショップが入場券なしで入れるようになっていたので、ちょっこっと寄ってみました。相変わらずここの芝生は手入れが行き届いています。

Dscn20

思いがけず箱根の良さを満喫することができて、充実したウィークエンドでした。

箱根 東急ハーベストクラブ VIALA箱根翡翠(デラックスルーム部屋付露天風呂)

東急ハーベストクラブ VIALA 箱根翡翠に行ってきました。HVCのHPを見ていたら、たまたま週末の金曜日に空室が出ているのを見つけて思わず予約してしまいました。夏休みに入っていますし、週末によく空きがあったものだと思います。部屋タイプもいくつか選択することができたのですが、今回は部屋に露天風呂が付いているデラックスタイプの洋室をお願いしました。仕事を終えてすぐに車で出発、この季節ですのでまだ明るいうちに箱根に着くことができました。
お庭を眺めながら自分の部屋の露天風呂に入れるのは本当に気持ちが良いです。

Dscn01

HVCの甲子園側から翡翠を見たところです。

Dscn02

翡翠の豪華なロビーラウンジ。何かオーダーしないといけないのかあまり座っている人を見たことがありません(笑)。

Dscn03

アサインされた部屋はラッキーなことに庭と同じ高さのフロアーの部屋でした。この階のデラックスルームの部屋付露天風呂だけが少し外側に張り出していて、本当の露天風呂の感覚を満喫できる仕組みになっているんです。
右側に大きなリラックスベットを備えたリビングスペースです。

Dscn04

ベットスペースはこんな感じです。確かマットレスもシモンズ製だったと思います。

Dscn05

これがその部屋付露天風呂。バルコニーのデッキの高さに湯面がなるように設計されています。プールで言えば infinity edge みたいな感じになっています。

Dscn06

お風呂に入って少し温まりすぎたら、バルコニーの椅子に座って涼むこともできます。この季節ならではの快感ですね。

Dscn07

左側にある温泉マークの付いたスイッチを押すと2-3分でお湯が一杯になります。源泉の湯量も豊富なようです。

Dscn08

もちろん持参したプロセッコのピッコロボトルをキンキンに冷やして、お風呂に浸かりながら飲んだのは言ううまでもありません(笑)。まさに極楽、極楽です。

Dscn09

夕食は甲子園のレストランでプレフィックスコースをいただきました。

Dscn10

ブッフェ形式で前菜をいただいた後に、メインの料理がサーブされます。これは妻の選んだナスの味噌焼き?

Dscn11

こちらは娘の選んだ牛肉の赤ワイン煮込み。
私はローストビーフを選んだのですが、写真を撮るのを忘れてしまいました

Dscn12

食後は大浴場にも行ってみました。大浴場へ向かう廊下も、ごらんのように和の質の高いデザインで統一されています。丸い障子窓がなんとも言えない良い雰囲気を醸し出しています。

Dscn13

ライブラリースペースもあってこんな感じでゆったりできます。

Dscn14

これは大浴場の内風呂。

Dscn18_3 

こちらは露天風呂。少し白濁してぬめりのある泉質でした。

Dscn15

いわゆる釜風呂。一見窮屈そうに見えるんですが、実際に入ってみると収まりが良くてリラックスできます。

Dscn16

大浴場前のオブジェもハイアットタッチしてますね。

Dscn17

ハーベストの会員本人はチェックアウト後も大浴場が利用できましたので、周辺の散策後にスッキリしてから帰ることができました。
久しぶり温泉三昧!

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ