最近のトラックバック

« 浜松出張 葛城北の丸(2) | トップページ | 石垣ブルーに癒される旅(2) yugafu-yamabare、森の賢者 »

2013年7月 4日 (木)

石垣ブルーに癒される旅(1) HND>OKA>ISG、川平湾

もともとこの旅行はUAの期限切れの近づいた1万2千マイルを使おうということから計画した旅でした。発券ルール上、片道が何区間でもOKということなので、どうせなら日本の中で行ったことのない思いっきり遠くに行ってみよということで石垣島を選びました。そのうちに、事前には知らなかったのですが新石垣島空港が開港し、どうも石垣島が今年は「熱い」らしいという雰囲気が伝わってきました。ネットで色々調べてみると、大変魅力のある島でリピーターも多いらしい。私と同様に事前準備が少なそう妻(笑)との初石垣島旅行は、さてどうだったでしょうか

R001

今回は妻の分の航空券取得に苦労しました。私のUAの特典航空券は早めに発券できたのですが、妻のチケットもどうせならANAの特典で取ろうと思ったのが間違いの始まり・・・ 梅雨明けの普通の人は休みが取れない6月末が沖縄地方に行くベストシーズンと以前より私は勝手に考えていたのですが、どうも同じ考えの人が多かったらしく、夫婦でダブル特典旅行の希望はあえなく轟沈! 結局、早割と株優まで組み合わせてようやく夫婦二人の旅程を合わせることができました。
そんな訳で羽田のANAラウンジからスタートです。
 

R002

搭乗機は久しぶりにジャンボです。

R003

もちろんド満席だったのでプレミアムクラスへのアップの夢も叶うわけはなく、夫婦二人で2階席の間近の通路側席を確保するのがやっとでした。

R004

那覇空港での乗り換え時間は1時間です。

R005

沖縄そばとジューシーの定番の組み合わせを急いで食べて・・・

R006

このANAラウンジでコーヒーでも飲んでゆっくりしようかと思いましたが、ここも座席を探すのに苦労するほどの大混雑!

R007

あわただしい雑踏の中、石垣行きに乗り込みます。

R009

搭乗機はB-737-500。モノクラスの機材でした。

R010

羽田からのスーツケースはちゃんとスルーされて、先頭で出てきました

R011

ぱいぬしまと読むらしいです。新石垣空港。

R012

今回のホテルは石垣の市街地ではなくて、川平湾の近くの山原地区というところにあるのでレンタカーが必要です。

R014

日本とは思えない広大なサトウキビ畑の間の山道を抜けて・・・ やってきました! 川平湾。今回の旅行のメインスポットにいきなり到着です(笑)。
本当にネットにのっている通りのきれいなブルーのグラデュエーションの写真が自分でも撮れます

R015


R020


R021


R022


R024

素晴らしい川平湾の風景を楽しんだ後は、今回のホテルにチェックインです。

R027

« 浜松出張 葛城北の丸(2) | トップページ | 石垣ブルーに癒される旅(2) yugafu-yamabare、森の賢者 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石垣ブルーに癒される旅(1) HND>OKA>ISG、川平湾:

« 浜松出張 葛城北の丸(2) | トップページ | 石垣ブルーに癒される旅(2) yugafu-yamabare、森の賢者 »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ