最近のトラックバック

« 石垣ブルーに癒される旅(2) yugafu-yamabare、森の賢者 | トップページ | 石垣ブルーに癒される旅(4) 石垣港、ISG>OKA>HND »

2013年7月 4日 (木)

石垣ブルーに癒される旅(3) 平久保崎ほか

石垣島滞在2日目の午前中は車で名所めぐりです。道が空いていたせいか思っていたより短い時間で色々な所を見て回れました。

R062_2

yugafu-yamabare さんの宿泊には朝食が付いています。和食と洋食が選べるとのことだったので、初日は和食になりました。オーナー自らちょっとだけ沖縄風の料理ということでしたが、このくらいの方が本土の人にはなじみ易いのかもしれません。

R063

車で石垣島最北端の平久保崎を目指します。途中、石垣ブルーの海と白い砂浜、そして大地の草木の緑が織りなす素晴らしい景色が次々と現れます。その中でも思わず車を止めてしまったのがここの景色・・・

R064


R065

白い円筒状のものは刈った草を集めたものなんでしょうか? 石垣牛の餌になるのでしょうね。

R068

この平久保半島の道なりの景色を称して牧歌的と書いてあったガイドブックがありましたが、確かに牧場が多いです。丘の斜面に石垣牛と書いてあって笑えます

R073

平久保崎灯台の入り口です。駐車スペースが数台分しかないので混雑時は大変でしょうね。

R075

平久保崎のキャッチフレーズは「東シナ海と太平洋が両方望める岬」「地球が丸いことが実感できる場所」などなど。

R076

灯台の左が東シナ海、右が太平洋になります。

R078

こちら太平洋側。

R079

灯台まで降りて行って撮った写真ですが、確かに水平線がやや丸い気がします(笑)

R080

平久保崎から戻る途中に見つけたきれいな絵になる海岸です。

R084

石垣島はあちこちにマングローブが群生しているらしいのですが、特に有名なのがこの野底の吹通川のヒルギ群落。ヒルギとはマングローブのことらしいです。

R086

ここからカヌーツアーなんかもあるようなのですが、熟年カップルの私たちは見るだけ・・・(笑)
中国語をしゃべっていたカップルが川に入っていましたが、ここは雰囲気的に遊泳禁止ですよね

R087

山原のホテルに近い米原ビーチ。遠くに川平湾が見えています。

R090

山原地区のカフェ通りのお店のひとつ、カフェラグーナでランチ。

R091

景色は良いのですが、食事のチョイスがとんかつ定食かカレーライスの選択しかなくて・・・

R092

午後はプライベートプールでまったりとくつろぎます。コンプリのオリオンビールのお伴は空港の売店で買っておいた黒糖ピーナッツ。

R093

石垣島2回目の夕食は yugafu-yamabare さんの和食のメニューを予約しておきました。

R094

お刺身の海ブドウも生臭さが全然ありません。パパイヤと昆布の煮物も美味しかったです。

R095

こちらのジーマミ豆腐の揚げ出しも、昨日の森の賢者に負けず劣らず美味しかったです。

R096

私が特に気にいったのがコレ、くるま麩のチャンプルです。沖縄のチャンプルって私には味が薄く感じられることが多いのですが、これは私好みの味付けでした。

R097

豚の煮つけでしょうか、この頃には慣れない泡盛の酔回ってきているので記憶があいまいです(笑)

R098

古代米の赤米とアサオの味噌汁。
ホテルでゆっくりと美味しい食事ができて良かったです。

R099

« 石垣ブルーに癒される旅(2) yugafu-yamabare、森の賢者 | トップページ | 石垣ブルーに癒される旅(4) 石垣港、ISG>OKA>HND »

ホテル(国内)」カテゴリの記事

国内旅行」カテゴリの記事

おいしいもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石垣ブルーに癒される旅(3) 平久保崎ほか:

« 石垣ブルーに癒される旅(2) yugafu-yamabare、森の賢者 | トップページ | 石垣ブルーに癒される旅(4) 石垣港、ISG>OKA>HND »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ