最近のトラックバック

« ソウル無限ループ終了の旅(4)  エアー・アジア初搭乗 | トップページ | 浜松出張 葛城北の丸(2) »

2013年7月 2日 (火)

浜松出張 葛城北の丸(1)

浜松出張の折に前泊でヤマハリゾート葛城北の丸に宿泊してきました。宿泊日がアクトシティでの大規模なコンベンションに重なり、市内のホテル価格が軒並みに高騰していましたので、車で片道一時間の距離があるようでしたが浜松市内のホテルに割高な値段で泊まるよりは良いだろうと考えて予約しておきました。結果から言えば、かなりお得なお試し価格でこの風情のある施設でのステイを楽しむことができて大正解でした。

Img_01_2

今回は品川から新幹線を利用しました。

Img_02

品川駅に伊勢丹クイーンズシェフがあったので、そこでイタリアンのお惣菜を購入し、車内でランチです

Img_03

雨の中、浜松駅に到着です。

Img_04

葛城北の丸は第二東名のインターの近くに位置しているようです。

Img_05

ゴルフ場に隣接した宿泊施設で広大な日本庭園を有しています。全体に掛川藩の平城をイメージしているようで、エンタランスの門もこんな感じ・・・

Img_06


Img_07

これがその奥にある宿の玄関。大きな荷物がある場合はここまで車で入れれば良いと思うのですが、少し離れた駐車場から歩いてくるのがデフォルトのようです。利便性より美意識を優先ということなんでしょう。

Img_08

内部は古民家を改装した高級旅館風。いくつかの別棟が渡り廊下で結ばれています。今回は洋室タイプの藤殿の部屋()にアップグレードしてくれていました。

Img_09

部屋まで案内されていく途中にこんな展示室があったので Wiki で調べてみましたが、トルシエジャパンの合宿施設になったことで有名な宿だったんですネ。

Img_10


Img_11

サイン風の部分だけがトルシエの自筆なんでしょうか? カタカナも外人が書いたように見えますが(笑)。

Img_12

きれいに整備された廊下で風情があります。でも、ちょっと距離が長かったかも・・・

Img_13


Img_14

途中のお庭もこんな感じですので、トルシエじゃなくても、外人が喜びそうな宿ですネ。

Img_15


Img_16

藤殿の廊下です。

Img_17

部屋に入ると庭園の緑が窓越しに目に入り、木を使った内装とマッチして良い感じです。

Img_18

ベッドサイドのランプがフランク・ロイド・ライト風(っていうかそのもの?)でこれまた良い感じ。

Img_19

バルコニーからの眺めも素晴らしい。本当によく整備された庭園です。

Img_20

バルコニー側から部屋を見たところです。

Img_21

コンプリのミネラルウォーターも富士山の湧水とのことでした。

Img_22

館内ではこの作務衣を着て、お風呂、レストランに行けるようです。タビも付いていました。私は浴衣がすぐはだけてしまって苦手なのですが、その点、作務衣であればOKですね。

Img_23

このちょっと古そうな戸の奥がバスルームで、清潔度に不安を抱きながら戸を開けてみると・・・

Img_24

ご覧のように自然木を多用した素敵なバスルームに改装済みでした。

Img_25

さすが住宅機器も手掛けるヤマハのリゾート、逆の意味で期待が大きく裏切られました(笑)。

Img_26

シャンプー、リンスもDHC製で良く考えらえています。水栓も水垢が全くなほど良くメインテナンスされていました。

Img_27

次は、大浴場、レストランのレポートです。

« ソウル無限ループ終了の旅(4)  エアー・アジア初搭乗 | トップページ | 浜松出張 葛城北の丸(2) »

ホテル(国内)」カテゴリの記事

国内旅行」カテゴリの記事

おいしいもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浜松出張 葛城北の丸(1):

« ソウル無限ループ終了の旅(4)  エアー・アジア初搭乗 | トップページ | 浜松出張 葛城北の丸(2) »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ