最近のトラックバック

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月に作成された記事

2014年1月30日 (木)

1月の軽井沢 東急ハーベストクラブ旧軽井沢

いつもの高崎出張の前泊の軽井沢宿泊ですが、今回は妻が軽井沢で友人と待ち合わせをしているので同行してくれました。

01_3

金曜日の仕事をダッシュでこなしてあさまに乗り込みます。

02_2

先に軽井沢に到着してアウトレットを見ていた妻と待ち合わせをしました。トレーニングウェアが一枚千円以下の激安価格だったので大人買い(笑)してしまいました。

03_3

ハーベストの旧軽井沢はツインの狭い部屋で残念

04_3

夕食はバフェレストランで・・・

05_3

年々食材の質が落ちてきているように思ってしまうのは気のせい(笑)?

06_3

朝食はANEXのラウンジでいただきました。

07_3

ここ、雪が見えて景色がいいんです。

08_3

朝からスパークリングを飲めますが、炭酸が抜けていました

09_3

妻と別れて高崎へ移動中。

10_3

高崎のセントラル・スポーツでトレーニングをした後、フードコートのうどん屋さんで「カキ玉うどん」を頼んでみました。
高校の学食でよく「カキ玉うどん」を食べていたので好きなんですね~
この後、業務へと向かいます。

11_3

新年ハイアット修行初め(2) 博多・魚一番、天ぷら・たかお

初日から体調不良だったので、食の都「福岡」に滞在しててもあちこちに遠征(笑)できず、行ったお店は皆、ホテルの近所ばかりです。
先ずは、リージェシー宿泊時の定番「魚一番」さん。

01_2

この日は結構混んでいて、カウンターにもお客さんが多かったです。

02

お通しで生ビールを飲みながら、オーダーを思案中・・・

03_2

やはり福岡名物の「ゴマサバ」から行きましょう。

04_2

牛スジの煮込み。柚子胡椒が効いています。

05_2

この辺で焼酎の銘柄を思案中・・・

06_2

確か赤霧島だと思います。

07_2

焼き鳥は盛り合わせを頼むと量が多いので単品オーダー。

08_2

〆はもつ鍋、ここは一人前からオーダーできるのが良いですね。

09_2

次のお店はキャナルシティーの天ぷら「たかお」さん。おそらく福岡で人気の大衆系天ぷら屋さんの「ひらお」をモデルにしたお店かと思います。グランドハイアットのジムから見えて美味しそうだったので一度、入ってみたかったんです。

10_2

店内はジャズが似合いそうなお洒落風の内装でした。

11_2

「ひらお」はイカの塩辛が食べ放題ですが、「たかお」は明太子の「ひろしょう」が親会社らしいので、昆布明太子が食べ放題・・・
ビールが飲みたくなってしまいますが、ランチタイムだったので我慢我慢(笑)。

12_2

私の頼んだメニューは季節の天ぷら定食というもので海老がセットに入っていなかったので、単品で追加オーダーしました。
やはり天ぷらと言えば海老雅が欠かせないということを再認識しました~

13_2

またまた「魚一番」さんを再訪。

14_2

この時はシマアジのお刺身を頼みました。

15_2

「のどぐろ」の塩焼き。たしか幻の高級魚って言われていたような気がするんですが、種類が違う魚なんでしょうかね?
味は美味しかったですが・・・

16_2

塩焼きシリーズ第2弾はサザエの壺焼き。

17_2

本日の〆は明太雑炊。
美味しくてお腹いっぱいになりました

18_2

ここも行ってみたのですが・・・

19_2

ちょっと私的には味が好みでないかも~

20

元気であれば、糸島のカキ小屋とかにも行ってみたかったのですが、まあ次回ですね。

新年ハイアット修行初め(1) グランドハイアット福岡、ハイアットリージェンシ福岡

1~2月はホテルもフライトも閑散期で料金が安めに設定されているので修行には好都合なシーズンです。早めにスタートダッシュを切っておくと、年の後半であわてることもありません。そんなわけで、新年早々、福岡でハイアット修行を敢行して参りました。
行きの機内からは雲の少ない天候だったため、冠雪した富士山をきれいに眺めることができました。

01

最初のホテルはハイアットリージェンシー福岡、ロビーのアートな天井は何度見ても絵になる~

03

今回はデラックスタイプの部屋にアップしてもらえて比較的快適な滞在となりました。

04

スタンダードなツインにはないソファーセットが置いてあります。浴室も洗面所とバスルームが独立しているのでゆったりできます。

05

クラブラウンジで泡をいただいた後は、早々に近所の居酒屋さんに向かいました。このご時世にシャンパンを提供していただけるのはありがたいのですが、カナッペ類がいつも同じものなので、もう一工夫ほしいところです。

06

2泊目はグランドハイアット福岡へ移動、12時前なのにチェックインさせてもらえて助かりました。

07

中州サイドのクラブルームが定位置。

08

いつもメンテナンスが行き届いているので快適な滞在が約束されています。

09

サウナに行ってしまうのであまり使ったことのないバスルーム(笑)

10

一時、かなりレベルダウンしたように感じたラウンジのフード類も、最近はややリカバーしている様子でした。
シャンパンは相変わらず、ルイ・ロデレールを提供してくれてました

11

ここのラウンジ朝食の明太バゲットが私の大のお気に入りです。

12

リージェンシーの2泊目もデラックスにアサインしてもらえてうれしい~

13

またまた、グランドに戻ったら1泊目と同じ部屋でした
預かっておいてもらったスーツケースもすでにお部屋の中に・・・

14

実はこの修行中、花粉症の始まりなのか風邪なのか体調不良で外に出られず、ホテルの外にほとんど出ることができませんでした

15

ジムで運動してても鼻水が出て出て・・・

16

帰りのフライトもほとんど熟睡してました(笑)。

17

房総半島上空から三浦半島~富士山と連なる素晴らしい景色、冬は空気が澄んでて遠くまできれいに見えますネ。

18

2014年1月23日 (木)

ただ今、絶賛妄想中!?

私は深夜ひとりパソコンに向かって、あーでもない、こーでもないと旅行の計画をシミュレーションをしていることがよくあるんですが、これって旅行好きのマイラー人間にとって一種の「至福の時」ですよね。あるブログでこのことを「妄想中」と表現する人がいて、上手いことを言うな~と感心しました。1月に入ってから、夜な夜な一人で本年度の旅行スケジュールを妄想して楽しんでいます。
今の最大の妄想は今年の夏休みのヨーロッパ旅行。JALはすでにほとんど満席だったのでエールフランスで、パリまでのCクラスを妻と二人分、特典で発券しました。二人で19万マイル分でしたから、ポチってするときも勇気が必要(笑)・・・

Af

ホテルの方も最初、パリのパークハイアット・バンドームの予約状況を見てみたのですが、夏休み期間中は特典の予約枠が全然空いていなくて、特典で空きのあったパークハイアットミラノを予約しました。5泊でゴールド・パスポートのポイント11万ポイント分。ハイアットの方はキャンセルしても手数料なしでポイントは戻ってくるので、エアーの時ほどクリックするのに勇気はいりませんでした(笑)。パリのパークハイアット・バンドームはデイリー・レートが滅茶苦茶高い(1泊15万円!!)ので、ポイントの有効活用という点ではバンドームの方が良かったのですが、ミラノはヨーロッパの都市の中で、一番行ってみたかったところなので無問題です。

Hyatt

そんな訳で自腹で旅行するには我が家的に相当金銭的ハードルの高い旅程が無事予約できました。「妻とCクラスでヨーロッパ旅行、ホテルはパークハイアット、ただし特典で(笑)」という、私のマイラーとしての夢が叶えられそうです。
エールフランスのビジネスのシートはこんな感じでやや旧型のイメージですが、食事の評判が良さそう・・・

C

ミラノのパークハイアットは、ドゥオーモやガッレリアに近接した便利な場所にあり、パークハイアットならではの上質なサービスが期待できます。

Phm

まだ半年以上先の話ですが、楽しい充実した旅になるように色々と妄想、じゃなくて勉強(笑)中です~

2014年1月 9日 (木)

年末年始タイ家族旅行(7) BKK>NRT

さあ、日本に帰ります。ホテルに手配を頼んでおいたリムジンも時間通りに来てくれて、スムースにスワンナプーム空港に到着しました。

R212

税関の還付手続き、入国審査も順調、TGのラウンジで簡単に食べた後に搭乗します。

R213

帰りもA-380。

R214


R215

帰りは2F席を予約しておきました。

R217

機内食はまあまあ食べれる内容で良かったです。帰りも映画を2本見ているうちに成田に到着。

R216

今回はデモの影響をずっと心配していたバンコク旅行でしたが、私たちの年末年始の期間は特に問題がなくて良かったです。
早く解決してくれると良いのですが・・・

年末年始タイ家族旅行(6) スパ「ラリンジンダ」、レストランNARA

今回も家族でハイアットの裏手にある高級サービス・アアパートメント「グランデ センター ポイント ホテル ラチャダムリ」の中にあるラリンジンダ・スパへ向かいます。アナンタラからも徒歩で5分くらい・・・

R170


R171

このSAは内部も豪華ですね。

R172

勝手知ったる裏手のエレベータにのってラリンジンダへ・・・

R173


R174

今回は妻と上の娘が3時間のスパコース、私と下の娘がタイ古式マッサージ2時間コースを予約しておきました。

R179


R180


R181

年始でお店も混雑していたらしくて、しばらくラウンジで飲み物を飲んで待っているように言われました。

R183


R184


R187

ここは娘たちを連れてきてもサービス面で問題ないことは、私が事前リサーチ済み(笑)です。

R189

この施術後に出されるマンゴーも季節は外れているのですが美味でした。

R192

下の娘とマックなどで時間をつぶした後、夕食へ。

R194

エラワン・ティー・ルームに向かったのですが、4人用のテーブルが空いていなくて、地下のこのお店に入りました。Nara Thai Cuisine。チェーン店のお店ですがそこそこ評判も良いお店のようです。

R195

お店の前に並べられているAWARDの数々・・・

R196_2

私と妻の定番、ラープムー。

R197

カニオムレツ。

R198

鳥の炒め物。

R199

普通のソムタムを頼んだつもりだったけど、来たのは揚げソムタム。

R201

長ナスと豚挽肉の炒め物、これはイマイチ。

R202

トムヤンスープ。

R203

ご飯付のセットメニュー。ソムタムも付いてきました。
全員で飲み物も頼んで3000バーツ弱。現地では高めの値段設定でしょうが、比較的丁寧に作られているので、まあレパートリーに加えてもよさそうなお店でした。

R204

明日の帰国便のDepature Time は午前8時なので、早起きしないといけません。 ランスワン通りのスタバで明日のスケジュールをみんなで確認しました。

R207


R208


R209_2

年末年始タイ家族旅行(5) バンコクの青山通り?「ランスワン通り」

アナンタラ・バーン・ラジャプラソン・バンコク・サービスト・スイートを2軒目の宿泊先に選んだ理由はもう一つ。ホテルの裏を抜けるとバンコクの青山通りと言われていておしゃれなレストランやお店が並んでいるという噂のランスワン通りに出れるからです。

R142

散歩がてらランスワン通りへ行ってみましょう。アナンタラの前の道を奥に200mくらい進んでいくとこのVILLA MARKET というスーパーがあります。

R117

このスーパーが高級スーパーなのはこのワインの品揃えを見たらわかります。近隣の高級サービス・アパートメントに滞在している外国人向けなんでしょう。

R118

スクンビット通りに向かって少し歩いて行くと、この1軒屋のスタバが見えてきます。

R143

古い家屋を改造した「バンコクで一番お洒落な(笑)スタバ」と言われているようです。
中はこんな感じ・・・

R144

まあ、オシャレと言えばオシャレだと思いますが、バンコクで一番かは??

R145

こちらは有名な薬膳中華料理のお店。

R146

オーガニック食材のスーパーもありました。

R147


R148

それ以外にもイタリアンのお店とか欧米人好みのお店が多かったですが、歩道の舗装もデコボコのところがあったりして、「日本の青山通りとはかなり違うよね~」と家族で話していました。

R149

ランスワン通りとスクンビット通りの交差点の角のセントラルチットロムデパートのフードコート“FoodLoft”は本格的なインターナショナル料理が、手軽に、リッチな雰囲気の中で味わえる高級フードコードとして有名です。

R150

入店するときにこのカードを渡されますのでオーダー時に各店舗で入力してもらい、出店時に精算する方式のようです。

R152

バーカウンターのほか、日本料理から中華料理、イタリア、インドなど確かにいろんなお店が並んでいました。

R153


R154

フードコートにしては若干高めの料金設定ですが、雰囲気が抜群に良いので地元の普通のフードコートに抵抗のある人などにはオススメですね。

年末年始タイ家族旅行(4) プーパッポンカレーの「ソンブーン・レストラン」

今回は、以前から行ってみたかったプーパッポンカレーで有名な「ソンブーン・レストラン」を訪れる事ができました。行ったのはBTSとMRTを乗り継いで行けるサムヤーン店です。
ソンブーン・サムヤーン店はチャムチュリ・スクエアというショッピングモールの中にある比較的きれいなお店とう口コミも選択理由でした。
MRTサムヤーン駅の出口から地上に出ると、すぐこの看板が目に留まりました。

R119


R120

口コミには高級感漂う店内とありましたが、内装はまあ新しいファミレスレベルです。

R121

これが評判のプーパッポンカレー、殻なしをオーダーしました。

R122_2

定番の空芯菜にんにく炒め。

R123

カレーが濃い味付けなので一緒に頼んだ方が良いとの先人のアドバイス(笑)通りにカニチャーハンも頼んでいます。

R124

日本でもタイ料理屋でも良く頼んでいる春雨とエビの炒め物。

R125

エビのすり身のフライ。

R126

豚肉の煮込み。

R127

イカの揚げ物。

R128

どの料理も、ちょっと使っている油が良くないのか油っぽい感じがしました。エビもエビ臭いというか(笑)、海鮮感がちょっと強かったようで、私の家族的にはリピはないかなとの評価だったようです。私はもう1回位、パッポンカレーは食べに来ても良いかなと思いましたが・・・
お店には日本の有名な方(笑)が来店された時の写真が飾ってあって、子どもたちも「来てるんだね!」と眺めていました。

R129


R130


R131

この後、シロームのスワロフスキーのお店で親子でiPhone ケースを買って、娘がおまけのくじ引きを開けていると店員さんがみんな大はしゃぎ、“A Happy New Year! Happy New Year!” 
娘が何と1等を引き当て約5万円相当のネックレスをプレゼントされるという、うれしいハプニングでした。私たちは事情が分からないで、しばらくポカーンとしていたのが、振り返ってみるとおかし~い

年末年始タイ家族旅行(3) アナンタラ・バーン・ラジャプラソン・バンコク・サービスト・スイート

以前から、バンコクのサービス・アパートメントに宿泊してみたいと思い予約しておいた、アナンタラ・バーン・ラジャプラソン・バンコク・サービスト・スイートに後半の3泊は移動しました。
選んだ理由はハイアットから近いことと、築年が浅いデラックスタイプのSAとの口コミからです。

R078

JICAや日系企業が多く入っている通称大林ビルの路地を入った静かな立地です。

R070

まわりは高級SAだらけなので、警備の人も多くて安心です。

R071

オレンジと白がイメージカラーなんでしょうか?

R074

フロントはこじんまりしていますが、レセプションを担当してくれた若い男性スタッフは非常に有能でこちらのリクエストをすべて把握してくれていました。

R075

アサインされた部屋は11Fとあまり高層階ではないようですが、どんな感じかな・・・

R076

デラックス・2ベットルーム・スイートのカテゴリーです。

R079

確か総面積150m2、リビングも広々しています。

R080

こちらダイニング。

R082

これは私たち夫婦のマスター・ベットルーム。

R083


R084


R085

バスルームはこんな感じ。照明の感じもあるのでしょうが、何か陰気な感じ・・・

R086

トイレは東南アジアスタイルのウォシュレット付き(笑)。

R087


R088

こちらは娘たちのツインベットルーム。

R089


R090

もう一つ、リビングにもトイレがありました。

R091

タイではお約束らしいタオルで作ったお人形

R092

ウェルカムフルーツはちょっと寂しい感じ。

R095

キッチンには食器やグラスも揃っていました。

R096

洗濯機も付いています。

R097

ベランダからはこんな風景が見えます。

R102


R103


R104

2Fから、プールに行ってみます。

R107


R108


R109


R110

ビーチタオルはフィットネスセンターの受付で貸りることができます。

R111

こちらフィットネスセンター。モニター付きのマシンでないので運動中は退屈です。

R113


R114

こんな洞窟プール風のところもありますが、他のゲストがほとんどいないないのでつまらないです。某大陸の人達で騒がしいのも困りますが・・・

R115

今回は朝食付きのプランだったので、こちらのコーヒーショップでセットメニューが食べれます。

R133


R134

ペストリー類やジュースが置いてあるカウンターから自由に取れる(といっても量や種類は少ない!)ほか、オムレツ、目玉焼き、カオパット、タイ風お粥などのから一品とソフトドリンク一品が選べます。

R136

これはタイ風お粥。

R137

カオパット、美味しかったけど朝からガーリック満載でした~

R138

こんな感じでタオル人形?は毎日変えてくれます。

R158


R211

今回は宿泊料金がホテル2部屋分とさして変わらない料金の比較的デラックスなタイプのサービス・アパートメントを選んでおいたのですが、確かに部屋は広いものの、備品の質やメインテナンスなどのレベルは決して高くはないようです。かなり長期に連泊したり、自炊できることに魅力を感じている場合は別ですが、数泊まででしたら馴染みのホテルチェーンに泊まった方が快適にサービスを受けられそうですね。

年末年始タイ家族旅行(2) グランドハイアット・エラワン・バンコク

バンコク最初の2泊は定宿のグランドハイアット・エラワン・バンコク。バンコクの中心地・サイアムに近く便利な立地のホテルです。

R012_2

グランドの名にふさわしい豪華なロビー。いつも綺麗に保たれています。

R013

希望通り、改装済みクラブフロアーのキングルームとツインルームのコネクティングルームを用意していただいてました。
こちら私たち夫婦のキングルーム。

R014


R015

こちらは娘たちのツインルーム。

R016


R017

ちょっとシノワズリーぽいデザインで、私的にはお気に入りという訳ではないのですが、綺麗に改装されており好印象です。

R018


R019

改装工事が遅れていてラウンジが閉鎖中、という情報もあったのですが、クリスマスに合わせてオープンしたとのことで新ラウンジをenjoyすることができました。

R021

ラウンジで美味しいタイ料理のカナッペをいただいた後、皆で街に出てみました。

R042

ZEN、セントラル・ワールドと派手な電飾のクリスマス・ツリーが並んでいます。。

R048


R045

こちらは新年用の電飾。

R046

とりあえずスパーマーケットのBIG・Cを覗いてみました。

R050


R051

ドリアンは1個500円位するんですね。

R052

この日の街歩きはこの位にしてホテルに戻ります。

R053

ハイアットのラウンジから見える競馬場、兼ゴルフ場の緑がきれいです。

R056


R057

ラウンジは今風のプレゼンになったけど、以前の方が色々な食べ物が出ていたような・・・

R058

ペストリー類はさすがハイアットなので、バンコクでも美味しいものが食べれます。

R059

下の娘の好きなヤクルトもおしゃれに並べられていました。

R060

やや盛り付けが雑になってしまいました

R0611

ここはプールの雰囲気も良いです。

R063


R064

私的には、プールサイドバーでいただくビアシンとラープムーが最高、バンコク滞在の楽しみの一つです。

R066

BTSのチットローム駅にもスカイウォークでつながっており、本当に便利な立地です。

R068

これはホテルの名前の由来になったエラワン廟。バンコク有数のパワースポットらしいです。

R069

年末年始タイ家族旅行(1) NRT>BKK

ちょっと更新が遅れてしまいましたが、明けましておめでとうございます。年々パソコンに向かうのが億劫になってきましたが、今年も何とかブログを続けて行きたいと思います。
本年度の第1弾は、久しぶりの家族そろっての海外旅行・バンコク編です。半年以上前にタイ航空でA380就航記念セールで出ていた、年末年始のどピークの期間ながら比較的リーズナブルな値段だったチケットを使っています。子供たちが小さいころは良くシンガポールで年明けを過ごしていたのですが、バンコクの年末年始ははたしてどうでしょうか?

R001

タイ航空(TG)のA-380便は成田のみの就航ですので、家族みんなで早起きし成田に向かいました。ラウンジで朝ご飯にしましょう。

R002

年末の出国ピークの日程でしたのでANAラウンジも座る座席を探さなければならないほどの混雑でした。

R003

例によってANAラウンジのメニュは炭水化物主体です(笑)。

R005

朝からカレーそばとビールも・・・
写真を見直したら、脇にサンドイッチも隠れているう~

R006

TGの機内食はイマイチだからなどと食べ過ぎの言い訳をしつつ、A-380に搭乗します。

R007

さすがに家族全員をビジネスに乗せられるほどの財力はないので、今回はエコノミーです。

R009

味ごのみが新鮮!

R010

機内食はガッツリのカツ煮をチョイスしましたが、さすがに少ししか食べれず・・・

R011

機内映画を2本見て、スワンナプーム空港に到着しました。

R012

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ