最近のトラックバック

« 1月の軽井沢 東急ハーベストクラブ旧軽井沢 | トップページ | 大雪の伊豆山 東急ハーベストクラブ伊豆山 »

2014年2月11日 (火)

ニッポン500マイル・キャンペーンの使い道

マイラーの方なら皆様ご存じの、デルタ航空のニッポン 500 マイル・キャンペーン。私もANA・JALの国内線を利用した後は、搭乗券のコピーをFAXしてせっせとマイルを貯めていました。
ノースウェストの時代から何年も延長され続けているキャンペーンで、以前にはグアムとソウルに行かせてもらったことがあります。平会員は年に上限5000マイルずつしか貯めることができないので「収穫の年」は3年に一度です(笑)。
今年はその「収穫の年」にあたるので、お決まりの大韓航空(KE)の特典航空券を一人15000マイルで妻ともども発券させていただきました。スカイチーム特典のKE発券は、1年のうち半分くらいがブラック・アウト期間で利用不可という困りもののアワードなのですが、そのブラック・アウトの期間を外せば、羽田線でも比較的空きがあるようです。発券した旅程は以下の通り・・・

20140210_124112

この特典航空券は、目的地が韓国内であればセグメントを刻んで旅程を組んでも同じ15000マイルで発券できるようなので、NRT>PSU>CJU>NRTの旅程で組んでみました。ソウルを絡めても良かったのですが、ソウルはホテル代が高騰しすぎているのと、行き飽きた(笑)ので、今回は釜山と済州島を訪れてみることにしました。スーパーポテト最新デザインのパークハイアット釜山はなかなか評判が良さそうですし、済州島のリージェンシーも一度訪れたことがあるのですが、なかなかインターナショナルな感じのするホテルで一度、妻と訪れてみたいと思っていました。

Parkhyattbusanparkexecutivebedroo_2


Hyattregencyjejup305outdoorswimmi_2

上記2枚はハイアット.comからの引用です。
今年は何かと「収穫の年」に当たるようで、特典の利用が多くなりそうです

« 1月の軽井沢 東急ハーベストクラブ旧軽井沢 | トップページ | 大雪の伊豆山 東急ハーベストクラブ伊豆山 »

海外旅行」カテゴリの記事

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニッポン500マイル・キャンペーンの使い道:

« 1月の軽井沢 東急ハーベストクラブ旧軽井沢 | トップページ | 大雪の伊豆山 東急ハーベストクラブ伊豆山 »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ