最近のトラックバック

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月に作成された記事

2014年3月30日 (日)

恒例の香港・マカオ ハイアット修行(2) ハイアットリージェンシ香港・尖沙咀

最初の宿泊はハイアットリージェンシ香港・尖沙咀。K11という高層ビルの低~中層階がハイアットになっています。

R01_2

この尖沙咀の中心に位置する高層ビルには、スーパーや手ごろなレストランなどを有するショッピングモールも併設されており、香港ビギナーにも便利なホテルだと思います。

R02_4

グーグルのMap だとこんな立地。

R03_4

ただし、ロビー階へ昇るエレベータへの入り口がわかり難い
これはショッピングモール側の入り口。

R04_2

これは街路側の入り口。大きな看板はなくて本当にこれだけの案内しかありませんでした。

R05_2

レストラン横のレセプション。

R06_2

最安カテゴリーの部屋での予約でしたが、2泊とも高層階のハーバービューのデラックスルームをアサインしてもらえました。

R07_2

部屋の中はこんな感じ。

R08_2

R09_3

クラブフロアーと他のフロアーとの違いはテレビの下に置いてあるエスプレッソマシーンの有無の違いだけのような気がします。

R10_2

ベッド周りは狭めに感じますが、そこはハイアット、ウェットスペースは広めの設定です。

R11_2

以前に宿泊したスタンダードルームは確かバスタブがなかった部屋でしたね。

R12_4

チムのど真ん中という立地を重視して考えれば、グランドハイアットよりコスパは良いかもしれません。

R13_2

お部屋からの景色はこんな感じ。インターコンチネンタル・ホテルからの景色には負けるでしょうが、まあ、香港に来た感は十分味わえるのではないかと(笑)。

R14

こちらは2泊目のお部屋。

R15

R16

確か2階下のフロアーだったので、わずかに眺めが悪くなりました(笑)。

R17

一応、リージェンシークラブラウンジも設置されていて・・・

R18

香港島の暮れゆく夕景を見ながら、スパークリングを楽しむことができます。

R19

ラウンジのホットミールが少なかったので、尖沙咀の街のお粥さん「池記」に行ってみました。

R20

R21

皮蛋と豚肉入りのお粥を頼みましたが、香港ではお粥を頼めば外すことはないです。美味しかったです。

R22

ラウンジ朝食もホットミールのセレクションがあって、食べ過ぎずにちょうど良い感じです。

R23

ルームサービスのオイスター焼きそば。シンガポールで言うチャー・クイ・チューですね。

R24

このホテルのフィットネスルームはこんな感じ。

R25

ビルの端にあって、あんまり力を入れてない(笑)感じです。

R26

マカオのハイアットのジムの方が広いので、私もここではトレーニングしませんでした。

R27

Cash&Point を使えば、お得に宿泊できるのでリピもありかなと思ったStayでした。

恒例の香港・マカオ ハイアット修行(1) HND>HKG

旧正月を過ぎた頃に良く行っている香港・マカオ ハイアット修行に今年も行ってきました。円安の影響も大きく、香港のホテル代が高騰していたため、今年はどうしようかと悩んでいたのですが、Cash&Point の比較的お得なレートに背中を押されて修行を敢行して参りました。チム→マカオ→チム→沙田と巡り、4 Stay Counts を稼ぐ強行日程です

R01

旅の始まりはモノレールの流通センターからです。

R02_3

キャセイの発券ですが、行きが羽田発のJAL運航便利用のチケットが比較的安価で手に入ったので、羽田からFly To The World ! できました。

R03

チェックインもJGCのレセプションが使えます。

R04

久しぶりのサクララウンジ・・・

R05

ちょっと早いですがサクラの季節なので、ロゼのスパークリングをいただいております。JALはサクララウンジにもスパークリングが必ず置いてあり、泡好きにはうれしい配慮ですね。

R06

普通のエコ席ですので、シャワーを浴びて身支度が完了(笑)。

R07

B-773で運航していました。

R08

アサインされたのはこんな座席。

R09_2

機内食も美味しいとは言えませんが、お酒のつまみには良いでしょう。

R10

映画も2本見れて良かったです。無事、香港国際空港に到着し、「e道」から、するっと便利に入国しました。

R11

今回はお得に旅行するつもりなので、タクシーではなくてエアポート・シャトルで九龍駅へ移動・・・

R12_2

チムのハイアットにも無料のシャトルバスで移動しました。初めてシャトルバスを使ったのですが、待ち時間も少なく便利に移動できますね。

R13

2014年3月 4日 (火)

ヒルトン小田原リゾート&スパで「初岩盤浴」!

たまたま見ていたヒルトンのHPで土曜日に空きが出ていたので、妻と二人で小田原のヒルトンに行ってきました。最初はポイント&マネーの予約だったのですが、宿泊日の前に少しレートが下がったので普通のプランに予約を変更しておきました。

Img_01

最寄駅は東海道線の根府川駅、無人駅ですがSUICAの改札機や切符の自動販売機は設置してありました。

Img_02_2

東海道線の到着に合わせて待機しているヒルトンの送迎バスに乗り込みます。土曜日の宿泊でしたのでバスに乗りきれない人が出てしまいましたが、追加のシャトルバスをすぐに手配していました。

Img_03

Wiki によれば広大なみかん畑を造成してホテルを造ったのだとか・・・ホテルの玄関までは急な坂道が車で5-6分続きますので、徒歩で行くのは無理そうです。ホテル以外は田舎の村っていう感じで何もありません。

Img_04

外観は石張りでデラックス仕様ですが、内部はこんな感じでスパウザの開業時からほとんど改装していないような感じです。

Img_05

さて、GOLD特典+有償アップグレードの和洋室のスイートってどんな感じかな~

Img_06

やられた~って感じの未改装ルームでした(笑)。HPの写真は良く見えていたんですけどネ。

Img_07

和室も妻と二人では必要なかったようです。

Img_08

お風呂も一応、清掃はされているようですが、シャワーの水量が日本では最低クラスの弱さで・・・(涙)。

Img_09

窓の外には景色は相模湾の綺麗な景色が広がっていました。写真の施設はチャペルだそうです。

Img_10

ちょっと見えているのはバーディーゾーン。その奥にテニスコートも広がっていて、かなり広大な施設であることがわかります。

Img_11

予約していた岩盤浴に行ってみます。

Img_12

内部の写真は撮れませんでしたが、妻の指導のもと「初岩盤浴」を体験しました。90分コースを選んだのですが、時間が経つのがあっという間・・・ いい汗かけました(笑)。

Img_13

一応、フィットネスルームにも寄ってみましたが、岩盤浴で疲れてしまったので今回はトレーニングはお休みです。

Img_14

部屋に戻ると、ウェルカムアメニティーが届いていました(嬉)。

Img_15

今回はラウンジアクセスをつけておいたので、さっそく訪問してみました。

Img_16

内部は比較的、モダンに改装されていました。あまり家具の質感は高くないようですが、利用している人が少ないので静かで落ち着けます。

Img_17

Img_18

ティータイムのお菓子。

Img_19

カクテルタイムはNORTONのスパークリングが出ていました。クリスタルのスワロフスキー社が所有しているワイナリーのスパークリングです。良くラウンジに置いてあるシャンドンの方がやはり値段の分だけ美味しいように思いました。

Img_20

最初はホット・ミールも少ししか出ていませんでしたが、利用人数に応じて追加はしていたようです。私たちは適当につまんだ後、お部屋でルームサービスを頼みました。

Img_21

朝はメインのレストランが一杯だったので、こちらの「ロビーラウンジ」でいただきます。

Img_22

中はこんな感じ・・・

Img_23

和食も結構置いてあって良いですね。食材の質は高そうではありませんが、なんちゃってGOLDの特典で食べているので文句は言えません(笑)

Img_24

朝食帰りにラウンジに寄って・・・

Img_25

朝からNORTONを発見! 何とこのラウンジは朝からアルコールOKなようです(嬉)。
朝シャンというか、朝スパークリングを楽しんでチェックアウト。

Img_26

東海道線で帰宅の途に着きます。

Img_27

成田、ニセコのヒルトンと同じで、未改装部分が多いのに稼働率が高そうで施設、特に部屋の老朽化がそろそろ厳しくなっています。そんな部屋の割には色々、オプションをつけると結構な値段になってしまいますのが難点でしょうか。ホテラバ的には割引率の高い時に予約して、特典のワンルームアップのみでステイするのがお得かも・・・
でも一番お得なのは、宿泊しないで、岩盤浴+ランチとか、テニス+ランチとかで楽しむプランのようです(笑)。

 

 

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ