最近のトラックバック

« GW台北紀行(3) 冰讃、欣葉101、北大行、台一牛奶大王、鼎泰豊 | トップページ | GW台北紀行(5) TSA>HND »

2014年5月 9日 (金)

GW台北紀行(4) 新北投温泉・Villa32(三二行館)

台北の最後の1泊は、以前から訪れてみたかった新北投温泉のVilla32(三二行館)に宿泊してきました。今回はスパとディナーがセットになった宿泊パッケージを利用しての宿泊です。パブリック・スパの様子はブログなどにも良く載っているのですが、全部で5室しかない宿泊棟のヴィラの情報はWEB上にもあまりないようですので、このレポートが興味のある皆様のご参考になれば幸いです。
台北の中心街からタクシーほどの場所に位置する新北投温泉は日本の加賀屋ができたことで話題になった温泉ですが、町並みは日本の熱海のような温泉街といった印象です。(実際に熱海という名前の付いたホテルもありました)。そんな温泉街を進んでいくと、明らかに周囲とは違うオーラを放つエントランスが・・・

R090

まるでタイの高級スパのような入り口です。

R091

さらにこの門の入り口には、グルメなレストランやプライベートホテルの会員組織で知られる「ルレ・エ・シャトー」の会員章が貼られていました。

R092

さらに進んでゆくと、周囲とは完全に別世界な空間が広がっています。

R093

いやー、さっきまで思いっきりチャイナな台北市内にいたのが信じられないくらいです。

R094

まるで、アジアの高級リゾートのようです。

R095

R097

R098

レセプションスペースも素敵な空間が広がっていました。まさにハイアット・タッチ、それもパークハイアットのロビーと言っても良いほど洗練されています。

R099

R100

R101

R102

R103

このホテルのフレンドリーなスタッフの連携の素晴らしさにも驚きました。パブリック・ホットスプリングや、アロマトリートメントは男女別で妻と離れてしまうわけですが、スタッフに聞くと妻のいる場所を把握していて、すぐにどこにいるか教えてくれます。ゲストの数が限定されているからこそできるサービスなのでしょうが、こんなホテル初めてです!

R104

希少なラジウム鉱泉の源泉の北投石です。

R105

ヴィラのお部屋に行ってみましょう。

R106

今回のプランの部屋は、小さい方の洋室(小さいといってもメゾネットで120m2の広さ!)で「晶 Crystal」と名付けられた部屋です。

R107

ドアを開けると、最初に窓からのキレイな緑が目に入ってきます。

R108

R109

上質なウッドで揃えられたスタイリッシュな内装デザインは、ハイアッターの私好みです。

R110

R111

ウェットスペースもデザイン的に凝ったもので揃えられています。アメニティーはロクシタンで、エビアンも部屋のあちこちに置いてあります。

R112

ご覧のシャワーや水栓もデザインが素晴らしい。

R113

リビングルームのオーディオも音が良いな~と思ったら、なんとB&Oです。

R114

「ルレ・エ・シャトー」のブックレット。

R115

もちろん、ネスプレッソなどは標準装備です。

R116

ミニバーや冷蔵庫のドリンク類もコンプリメンタリ―でした。

R117

R118

上階に行ってみましょう。

R119

R120

「うわー、部屋付きのプライベート・ホットスプリングってこれか~」

R121

凄すぎです。温泉の浴槽(右)と冷泉の浴槽(左)があるなんて・・・

R122

後ろを振り向いて、さらにびっくり。

R123

気持ち様さそうなリラックスベットまで備えられています。

R124

その奥にはトイレとスタイリッシュなベイシンが・・・
この上階だけでも夫婦二人で十分に暮らして行けそうな設備です(笑)。

R125

浴槽の奥にはシャワールームも完備されていました。

R126

R127

さらに素晴らしいのは、この上階の天井はすべてガラス張りになっていてシートを開けると、ご覧のような解放感が味わえることです。

R128

温泉の泉質の良も申し分なしでした。九州の嬉野温泉に匹敵するような肌に優しいマイルドな泉質です。

R129

温泉に入った後にバスローブを着てここに横になると、最高の気持ち良さです。「うん、ベットの上のスピーカーは・・・」

R130

Villa32、凝りすぎです。浴室にB&Oを置いてしまうとは・・・

R131_2

暗くなると、また雰囲気が一段と良くなります。
実は夜中に雨が降ってきて、ガラスの天井のところで跳ねる様子を見ながら温泉に入ったのですが、その時の雰囲気は忘れらないほどの素晴らしさでした。

R132

部屋の外の緑も手入れが行き届いています。

R133

夕食の前にホテルの外に散歩に出てみました。

R134

振り返ると照明がついて、一段とキレイになっています。

R135

温泉街はこんな感じ。川に温泉が流れ込んでいるのか、地元の人達は足を浸して足湯代わりにしていました。

R139

温泉街から戻った時に撮った写真が、今回の旅行のベストショットになりました。

R141

さあ、ディナータイムです。
このホテルのレストランはワインの品揃えも豊富とのこと。

R142

イタリアンのレストランです。

R143

ゲストが多かったのであまり写真を取れませんでしたが、他の施設同様に細部まで凝った素晴らしい内装でした。ガーデンでも食事が可能な作りになっていて、宿泊客以外のゲストがパーティを開いていたようです。

R144

妻は余り沢山はアルコールが飲めないので、グラスワインをチョイスしています。

R145

アミューズ・ブッシュ2種。

R146

R147_2

スープ。

R148

ホタテ貝のグリル。

R149

ポルチーニの茸のリゾット。

R150

プレゼンが素晴らしいメインはポークを選んでいます。

R152

LOVEのデコレーションが特別な(笑)デザート。全体にソースの味付けがちょっと変わった料理でしたが、台北最後の夜を十分に楽しむことができました。

R153

朝食はレストランかルームサービスを選択可能とのことだったので、後者をチョイス。お部屋まで持って来てくれました。

R155

R156

美味しい朝食の後は、チェックアウトまでまた温泉三昧。
レセプションの女性は記念にと言ってわれわれ夫婦の写真を何枚も撮ってくれて、終始、サービス満点のホテルでした。

冒頭にも書きましたが、このVilla32は日帰りの温泉入浴も可能で、写真には撮れませんでしたが、ホテルの宿泊棟同様に素晴らしい内容のパブリック・ホットスプリングの施設を利用することができます。平日で1600元ほどの料金ですので、ちょっと違った台北の雰囲気を味わいたい人にはお勧めです。

« GW台北紀行(3) 冰讃、欣葉101、北大行、台一牛奶大王、鼎泰豊 | トップページ | GW台北紀行(5) TSA>HND »

海外旅行」カテゴリの記事

ホテル(海外)」カテゴリの記事

おいしいもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GW台北紀行(4) 新北投温泉・Villa32(三二行館):

« GW台北紀行(3) 冰讃、欣葉101、北大行、台一牛奶大王、鼎泰豊 | トップページ | GW台北紀行(5) TSA>HND »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ