最近のトラックバック

« 釜山・済州島ハイアット周遊の旅(1) パークハイアット釜山 | トップページ | 今年もよろしくお願いします。 »

2014年12月 4日 (木)

釜山・済州島ハイアット周遊の旅(2) ハイアット・リージェンシー済州

最近は海外からの観光客は日本人に代わり中国人が圧倒的に増えているという噂の済州島。私は4年前のやはり11月にソウル経由で訪れていました。

Dsc00087

ハイアットのある中文観光団地までは前回はタクシー利用だったのですが、今回は妻と二人のエコ旅ですのでリムジンバス利用です。
リムジンバス利用は当日が金曜日だったせいもあるのか、韓国のファミリーで満員でした。恐らく日本人は私たちだけの完全アウェー状態(笑)。

Dsc00088

中文観光団地に向かうリムジンバスの中できれいなサンセットが見れました。

Dsc00089

着きました、ハイアット・リージェンシー済州。

Dsc00091

ハイアットの古典的な設計のホテルですので、広いアトリウムを取り囲むように客室が配置され、シースルーエレベーターが行き交っています。昔のアメリカの高級ホテルの定番的デザインです。

Dsc00092

ロビー階はラウンジになっていて、バンド演奏が行われています。

Dsc00093

最安のマイエリート・レートの予約だったのですが、リージェンシーフロアーのオーシャンフロントの部屋にアサインしてくれました。
残念ながら、ラウンジは改装中とのこと・・・

Dsc00094

お部屋はこんな感じです。

Dsc00095

大分古そうなインテリアですが、落ち着いた感じです。

Dsc00096


Dsc00097

室内の家具などの質も低くはなく、手入れもされているので良い感じです。

Dsc00098

水回りも清潔さが保たれています。

Dsc00099


Dsc00100

ウェルカムフルーツは済州島名物?のみかん。

Dsc00101

部屋のベランダからは中文ビーチが見えています。

Dsc00102

カクテルタイムに向かう前にホテルの周りを散歩してみました。
済州島は東京よりも寒くなかったので夕方の散歩も快適!

Dsc00103

ロビー階の Island Lounge の一画がラウンジスペースになっていました。

Dsc00104

カクテルタイムのカナッペはこんな感じ。

Dsc00105

ホットミールも充実していました。

Dsc00106

スパークリングですが泡も提供されていて楽しめました。シメに韓国料理を食べようと思っていたのですが、ラウンジのミールの意外な充実ぶりに、ここだけで夕食終了です。

Dsc00107

翌朝はレストランでの朝食がコンプリでした。

Dsc00111

エッグステーションの女性のコックさんはオムレツを焼いたり、ワッフルを作ったりと一人で大忙しでした

Dsc00112

パン類は釜山のパークハイアットから比べると質が落ちるものの許容範囲です。

Dsc00113

ホットミールも色々あって・・・

Dsc00114

海苔やキムチなどの韓国食材も置いてありました。

Dsc00115

こんな感じで美味しくいただきました!

Dsc00116

旅行計画の当初はレンタカーを借りて、済州島の世界遺産めぐりでもしてみようかと思ったのですが、済州島着が夕方になってしまうことから断念。結局、中文観光団地内の遊歩道を散歩してみることにしました。

Dsc00117

ハイアットの裏手の遊歩道の入り口から新羅ホテル方向へ登って行きます。

Dsc00119

途中に「Swiri Bench」の看板が・・・

Dsc00120

映画「シュリ」のラストシーンを撮影したベンチがあるようです。

Dsc00122

中文観光団地内には韓国映画やドラマのロケ地がたくさんあるようですね。私は韓国ドラマとかあまり興味ないので知らなかったのですが。妻は「あのドラマね!」とか話してました

Dsc00125

新羅ホテルが見えてきました。

Dsc00127

ホテルの中に入ってみましょう。

Dsc00128

改装直後のためか、豪華でキレイです。
宿泊レートがハイアットの倍くらいに設定されている日があるのも納得です。

Dsc00129

ハイアットのジムはマシンが古すぎて、今回は利用しなかったのですが、ここだったらトレーニングしたかったですね(笑)。

Dsc00130

また、遊歩道を歩いて次はロッテホテルに向かいます。

Dsc00131

ピンクの外壁が微妙なロッテホテル。

Dsc00132

庭には風車があって、ハウステンボスみたい(笑)。

Dsc00133

施設は充実しているようですが、個人的には新羅ホテル一押しでしょうか。

Dsc00134

ロッテホテルには、おそらく中国人観光客をターゲットにした免税店があります。午前中だったせいか人出もまばらでした。

Dsc00135

途中、こんな景色を眺めながら中文ビーチの東端を目指します。

Dsc00137

合計すると1時間くらいしか歩いてないのですが、結構遠くに来ました。

Dsc00138

中文ビーチのはずれにある地元の漁協が営業している食堂です。ほかの方のブログによればアワビ粥などが食べれるようです。

Dsc00139

お婆さんがホヤとかサザエとかの刺身を売っていました。コチジャン風のたれをつけて食べるようです。ちょっと食べてみたい気もしましたが、焼いたものは売ってなさそうなので止めときました。

Dsc00140

砂浜をハイアット目指して戻ります。

Dsc00142

途中から「Swiri Bench」の方に再び登り・・・

Dsc00150


Dsc00151

ハイアットに戻りました。

Dsc00152

ラウンジでちょこっと甘いものをいただいて、サウナへ行きました。

Dsc00153


Dsc00154

ほぼ日本風の浴室と同じなので寛げました

Dsc00155

リムジンバスに乗って済州国際空港へ向かいます。

Dsc00158

国際線は日本の地方空港のそれと同じで規模も小さめです。

Dsc00159

フードコートで韓国風の丼物を食べて・・・

Dsc00160

制限区域外のKALラウンジで搭乗を待ちます。

Dsc00161

KALラウンジは国際線のラウンジも兼ねているので、金浦空港のラウンジ並みの広さでした。

Dsc00162

置いてあるものは、ソフトドリンクとお菓子程度です。

Dsc00163

成田行きのKAL便の搭乗を待ちます。

Dsc00164

機材は、今回旅行3回目のB-737型機。

Dsc00165

機内食はこんな感じの微妙な内容だったので、空港で食べておいて正解でした。

Dsc00166

これで今年の空旅はひと段落。来年のハイアット修行のスケジュールも考慮中ですが、円安がどれだけ進むかわからないので、計画が立てにくいですね

« 釜山・済州島ハイアット周遊の旅(1) パークハイアット釜山 | トップページ | 今年もよろしくお願いします。 »

海外旅行」カテゴリの記事

ホテル(海外)」カテゴリの記事

おいしいもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 釜山・済州島ハイアット周遊の旅(1) パークハイアット釜山 | トップページ | 今年もよろしくお願いします。 »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ