最近のトラックバック

« 今年のハイアット修行は・・・ | トップページ | 流氷を見に網走へ行く 北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾート(2) »

2015年3月 4日 (水)

流氷を見に網走へ行く 北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾート(1)

2月中旬にかねてから興味のあった流氷見学のため、網走に行ってきました。もちろん私一押しの北海道のホテルチェーン「鶴雅リゾート」のホテル「北天の丘」があったことも理由の一つです。
網走などの道東地区は冬は猛吹雪で有名なところ・・・、私たちの旅はどうだったでしょうか?

Dsc001

取り敢えずは、車で羽田空港まで。今回は時間帯の良かったJALで予約しています。

Dsc002

ラウンジに行く前にお昼ご飯を食べようとゲート前をふらふら歩いていると、お蕎麦屋さんを見つけてしまいました。本格的な日本そばのお店のようです。

Dsc003

私が頼んだのは天ざる。お蕎麦は美味しいのですが、量が少なめで(これで大盛!)、値段も高め。リピするかどうかは微妙なところです。

Dsc004

ラウンジでちょこっと休憩、本日の女満別空港(スリーレターコードはMMB)行きの便は、久しぶりのバス搭乗のようですので早めに搭乗ゲートに向かいます。

Dsc005

羽田でタラップ搭乗は久しぶりかも・・・

Dsc006

クラスJの1Aと1C(俗に言うアホの1番)は快適であっという間に女満別空港に到着です。

Dsc007

網走行きのリムジンバスに乗り込みます。

Dsc008

Google Map で見るとこんなところ・・・

Dsc009

網走湖畔の「呼人」という停留所で下車して、鶴雅のシャトルバスに迎えに来てもらいました。

Dsc010

ホテルの周りは結構、雪が積もっています。

Dsc011

「北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾート」に到着です。

Dsc012

レセプションロビーでチェック・インの手続きを行います。

Dsc013

本日から2泊、全室に露天風呂と専用庭付の特別フロア「古の座」を予約しておきました。鶴雅のホテルの本当の良さを体験したいのであれば、通常の客室ではなくて露天風呂風呂付きのデラックスタイプの部屋に宿泊するのがお勧めです。
「古の座フロアー」専用入り口。

Dsc014

専用玄関。

Dsc015

各部屋専用のシューズ・ロッカーまであるのは、ちょっとやりすぎかも(笑)。

Dsc016

部屋まではこの回廊を通って行きます。東京のパークハイアットのライブラリーのような空間演出ですね。

Dsc017


Dsc018


Dsc019

各部屋の外の廊下にもこんなシッティング・スペースが作ってあって贅沢な作りです。

Dsc020

さあ、お部屋に入ってみましょう。私たちのアサインされた部屋はドアを開けて右にトイレ、左側に寝室が配置されていました。正面はリビングです。

Dsc021

リビングから、入り口方向を見たところ。

Dsc022

寝室はフローリングにマットレスが直置きされているタイプ。

Dsc023

リビングは和室スペースの奥にマッサージチェアの置かれたソファースペースが配置されています。

Dsc025


Dsc026

ベランダはこんな感じで雪が吹き込んできて積もっています。左側は露天風呂です。

Dsc027

ソファースペースにはマランツ製のCDプレーヤーが壁掛けしてあって、ヒーリング系のCDも数枚おかれています。
ハイアットのホテルであればB&Oが置かれるところです(笑)。

Dsc028

このマッサージチェアーも機能が豊富なタイプで快適でした。

Dsc029

ウェットスペース。

Dsc030

シャワールームを抜けて・・・

Dsc031

露天風呂に入れます。チラチラと降る雪を眺めながら入る露天風呂は最高の気分 日本の端まで来て訪れたかいがありました。

Dsc032


Dsc033

館内着はアイヌの民族衣装風とのことで、妻と二人で着てちょっとしたコスプレ気分(笑)。

Dsc034

そのほかの施設も見てみましょう。

Dsc035

大浴場の入り口。

Dsc036

雪が結構積もっています。

Dsc037

こんなリラックススペースで風呂上りにうたた寝したら気持ちが良いでしょうね。

Dsc038

大浴場の中は写真が撮れなかったのですが、ほかの施設に比べると普通って感じでしょうか。岩盤浴があって、好きなだけ入れるのは良かったです。

Dsc039

1日目の夕食は、古の座フロア専用のレストラン「灯々」で和食のコースをいただきました。個室を用意してくれます。

Dsc041

北海道の地のものを使った料理が並んでいます。

Dsc042

ドリンクはなんとシャンパンの「マム」がこの安さ!!
この値段だったらボトルで頼んでマムで通した方が良かったかも知れません(笑)

Dsc043

美味しい料理の数々・・・

Dsc044Dsc045Dsc046Dsc047Dsc048Dsc049Dsc050Dsc051Dsc052Dsc053

京風の和食も良いでが、こんな地方の地場のものを使った和食の方が私的には好みかもしれません。
デザートのアイスは、妻がお代わりがほしいと思ったほどの美味しさだったそうです

Dsc054
このホテルにはそのほかに世界の椅子を集めたスペースや・・・

Dsc056

こんなライブラリースペースなどもあって、さすがの鶴雅リゾート、館内施設も盛りだくさんで飽きません。

Dsc057

怒涛?の2日目へと続く・・・

« 今年のハイアット修行は・・・ | トップページ | 流氷を見に網走へ行く 北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾート(2) »

ホテル(国内)」カテゴリの記事

国内旅行」カテゴリの記事

おいしいもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 流氷を見に網走へ行く 北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾート(1):

« 今年のハイアット修行は・・・ | トップページ | 流氷を見に網走へ行く 北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾート(2) »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ