最近のトラックバック

« 沼津出張 静鉄ホテルプレジオ沼津 | トップページ | パークハイアット・サイゴン旅行記(2) »

2016年2月27日 (土)

パークハイアット・サイゴン旅行記(1)

春節直後に、以前から訪れてみたかったパークハイアット・サイゴンに行ってきました。

Dsc001

今回は50代の熟年夫婦には少し厳しいJALの羽田発往復深夜便エコノミーの利用です。機材は787ですが、深夜1時過ぎ出発、ホーチミンは早朝の6時前着なので老体に堪えないか心配です。

Dsc002

午後10時にキャセイラウンジがオープンするまでさくらラウンジで食事をいただきました。さくらラウンジは久しぶりだったのですが、質の高くないガッツリ系のメニューばかりで残念
震災の年に50回搭乗のJGC修行までして入りたかったラウンジがこんな感じにコストカットされてしまったかと思うと残念です。

Dsc003

シャワールームで滝行です。
辛口の評価ばかりで申し訳ないのですが、トイレの便器の後ろ側にホコリが1cmぐらい溜まっていてギョッとしました。昔のJALはどこへ行ったの~という感じです

Dsc004

キャセイラウンジへ移動。

Dsc005

新しいということもあるのですが、インテリアの質が格段に違います!ハイアットでいうとパークレベル??

Dsc006

このエアポートの夜景も素晴らしいし、カナッペ類も上品です。
ラウンジっていうのはこういう感じじゃないとね(笑)。

Dsc007

キャセイラウンジの名物「坦々麺」も一応、食べておかないと・・・

Dsc008

トイレから戻ってきた妻が「ここのラウンジはイソップが置いてあるよ」と。
そのうちTHANNあたりに格落ちしたら残念ですが、とりあえずは素晴らしい(笑)・・・

Dsc009

眠い目をこすりながら搭乗です。機内ではよほど眠かったのか写真は一枚も撮ってませんでした。ただ、シートピッチがやたら狭かった記憶が・・・(笑)。

Dsc010

ホーチミン・タンソニヤット空港での入国は比較的スムースでした。
今回は、早朝7時前の到着のため、早朝チェックイン可能の確率を高めるため、ホテルカーでの送迎を頼んでおきました(ベンツのSクラス)。ところが空港で待機していたのは、まさかのマイ・バッハ。アップグレードだったら良いけど、予約間違いだったら結構高いだろうなとヒヤヒヤしましたが、結果的にはSクラスの料金でした(笑)。

Dsc012

早朝だったので市内の混雑もほとんどなく、(どうせならマイバッハにもっと乗っていたかった、笑)、あっというまにパークハイアット・サイゴンに到着しました。

Dsc013


Dsc014

フロントで「早くシャワー浴びたい」とアピールしたところ、「予約していたスイートにはまだ入れないが、それまで別の部屋でお休みください。」とのこと「レストランのオペラで朝食も無料でお楽しみください。」
やった~!シャワー浴びてからゆっくりと評判のパークハイアット・サイゴンの朝食を食べることができます。

Dsc016

テンポラリー・ユースの部屋に案内されます。

Dsc018


Dsc019

パーク・キングのお部屋になるのしょうかね。

Dsc020


Dsc021


Dsc022


Dsc023

水周りのスペースも広いですが、想像していたよりかはコンパクトかも・・・

Dsc024

以前のバス・アメニティは英国製のもので評判が良かったようですが、現在はスイートを含めて、このCOCHINE SAIGON というブランドのものに変わっていました

Dsc025


Dsc026


Dsc027

早朝のせいかプールのデッキチェアも空いていました。

Dsc028

レストラン・オペラ。

Dsc029


Dsc030

このインドアの明るいテラス席が人気のようです。

Dsc031

おいしそうなパンが並んでいますね。

Dsc032


Dsc033

ダイアモンド会員はうれしいことにバフェテーブルはもちろん、メニューから何を何品頼んでもOKとのこと。パークハイアットならではの素晴らしい特典です。

Dsc034


Dsc037

スライサーでその場でカットしてくれるハムが私のお気に入り。もちろんアジア圏での朝食ジュースの定番、スイカジュースも美味しい!

Dsc038

ライムの香りがフォー(ビーフ)にはぴったりです。

Dsc036

ちょっとかりっとしたフレンチトーストですがこれも良かったです。

Dsc039

Com Tam 、チャーシューライスみたいなものです。

Dsc040

個人的にはこのフォー・ガー(鶏肉のフォー)のほうがビーフより好みです。

Dsc041

季節のせいかマンゴは提供されていませんでした。お部屋のフルーツには出ていたので冬でも手には入るんでしょうけどね。

Dsc042

予約していたスイートの準備ができたのことで移動します。

Dsc076

入ってすぐがこのリビングルーム。

Dsc077


Dsc078


Dsc079

奥にベットルームという構成です。

Dsc080

ベットルーム。天井のシーリング・ファンが優雅な雰囲気をかもし出しています。

Dsc081


Dsc082

ベットルームの奥にクローゼット、バスルームが配置されています。

Dsc083


Dsc084


Dsc085


Dsc086

シャワールームは水量、やや弱めのレインフォールシャワー付き、スイートのトイレにはヴィデが付いていました。

Dsc088

ウェルカム・フルーツはこんな感じ。毎日、補充されていました。

Dsc089

ウェルカム・アメニティーはベトナム名産のカシューナッツでしたが、個人的には今ひとつ・・・

Dsc090

2Fのレストランは明らかにスーパーポテトのデザインですね。

Dsc091

屋外プールに出るにはカードキーが必要です。

Dsc093


Dsc094

20m程のさほど大きくないプールですが、寝心地の良いデッキチェアが周囲に配置されています。

Dsc097


Dsc098


Dsc099

奥にあるガバナーが日光浴(て言っても、陽に焼きたくはないわけですが、笑・・・)には最高です。

Dsc100


Dsc101

昼食はプールサイドで簡単に食べることが多かったです。飲み物は私は白ワイン、妻はベトナム・コーヒー・・・

Dsc102

Bun bo Hue (ベトナムのソーメン??)、飲み物はモヒートです。

Dsc103

ジムも充実していました。

Dsc104


Dsc106

ハイアットには珍しく LifeFitness 社製のマシーンでしたが、上位機種らしくモニターでネットが見れました。

Dsc107

DIA会員はスパのスチームルームもコンプリで利用できます。

Dsc108

スポーツクラブの会員向けの施設のようですね。

Dsc109

扉の中にはミスト・サウナがあります。

Dsc110

最終日は午後の6時までチェックアウトを延長してもらえたのですが、JAL復路便の出発が午後23時45分発とかなり遅かったので、チェックアウト後、外に夕食を食べに行った後に、ここのシャワーを使わせてもらってからタクシーで空港へ向かいました

Dsc111

パークハイアット滞在中に私が誕生日をむかえましたので、お部屋にお祝いのケーキが届けられていました。ハイアットから誕生ケーキをもらうのは、香港の沙田のハイアット以来、2度目です。沙田の時は、そういうサービスがあるとは知らず、夜、一人で部屋にいたら、ボーイさんがやってきて、いきなり Happy Birthday ! と言われてビックリしたのを思い出します。

Dsc132

実は、初日に外出から帰ってきたら、ルームキーが無効になっていて交換に15分くらい待たされたり、ターンダウンサービスを忘れられてたりとトラブル続きで、「このパークハイアット、大丈夫なの〜?」と夫婦で心配していたのですが、2日目以降はそういうトラブルもなく、ハイアットらしい快適な滞在を過ごすことができました。あの初日のトラブルの連続はなんだったんでしょうね・・・?

« 沼津出張 静鉄ホテルプレジオ沼津 | トップページ | パークハイアット・サイゴン旅行記(2) »

海外旅行」カテゴリの記事

ホテル(海外)」カテゴリの記事

フィットネスジム」カテゴリの記事

おいしいもの」カテゴリの記事

コメント

>アカナインさん
コメントありがとうございます。
忙しくて写真はアップしたのですが、記事の入力が遅れています。申し訳ないです。アメニティーはスイートでもCOCHINE SAIGONと言う、恐らく現地ブランドのものに変わった様です(SGN空港の売店で扱ってました😅)。スパのスチームルームのシャワルームのアメニティーは以前の英国製のものが小瓶で置いてありましたので、余ったものを使っているのかもしれません。以前のものの方が、モルトンブラウンのライト版って言う感じで私も好みです。
JALの羽田便は早朝6時まえにSGNに着いてしまうので、ちょっと考えてホテルの送迎(Sクラス)を予約しておいたら、マイバッハが迎えに来たので間違えて予約してしまったのかと一瞬ビビりました。朝の7時前に代替のスタンダード客室に入れてもらえて、評判のオペラの朝食もいただけて、迎車を頼んで置いてよかったです。また、記事が入力できた頃に再訪していただけると嬉しいです。

初めてコメントさせて頂きます。アカイナンと申します。
今後ともよろしくお願いします。
パークハイアットサイゴンのリノベーション後の様子が気になっておりましたが、大幅な改造は無いご様子ですね。
天井のファンがなんとも南国らしくて大好きです。
アメニティは変更されたのでしょうか?前の英国なヤツが良い香りで好きでしたが、変わった後のモノはどうなんでしょう?ご感想聞かせて頂けるとうれしいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パークハイアット・サイゴン旅行記(1):

« 沼津出張 静鉄ホテルプレジオ沼津 | トップページ | パークハイアット・サイゴン旅行記(2) »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ