最近のトラックバック

« 帝国ホテルGargantuaのエクレア、東急ハーベストクラブ旧軽井沢アネックス | トップページ | 北陸新幹線で行く富山・金沢の旅(2) 金沢 彩の庭ホテル »

2016年3月15日 (火)

北陸新幹線で行く富山・金沢の旅(1) リバーリトリート雅樂倶

今回は、以前から注目していた富山県のホテル、リバーリトリート雅樂倶」を訪れる目的で富山・金沢の2泊3日の旅を計画してみました。羽田が自宅に近い我が家は、どこに行くにも飛行機を選択することが多いのですが、今回は「大人の休日倶楽部」限定のフリー切符が利用できたのでお得に北陸新幹線の列車旅を楽しむことができました。

Dsc001

そんな訳で今回利用した北陸新幹線「かがやき」です。まあ、いつも月一の出張の際に利用している「あさま」と同型車両と思います。

Dsc002

普通車を利用しましたが、新刊線は普通車でも飛行機のエコーノミーシートに比べてシートピッチが広いので楽ですね。

Dsc003

東京駅の駅ナカの売店で昼食を買って、車内で美味しくいただきました。もちろん、泡とワイン付きです。

Dsc004

北陸新幹線に乗って良かったと思ったのは、車窓からキレイな山々が見えたことです。

Dsc006

立山連邦はまさに崖のようにそそり立っていました。初めて見る景色で夫婦ともども感激〜

Dsc014

「かがやき」は停車駅も少ないので、あっと言う間に富山駅に着きました。

Dsc015

富山駅前です。北陸新幹線開業に合わせてなのか駅前はキレイに整備されていました。

Dsc016

ホテル契約のタクシーに出迎えをお願いして、「リバーリトリート雅樂倶」に向かいます。タクシー代は割引がきいて3500円でした。

Dsc017

ホテルに着くなり、丁寧なお迎えをしていただきました。

Dsc019

エンタランスの廊下も雰囲気があります。

Dsc021

フロントロビーです。(人が多かったので夜に撮影)

Dsc024


Dsc025

ウェルカムドリンクは、ビールを含めて何種類かから選べたのですが、新幹線の中でも飲んでいたので(笑)、今回は抹茶をいただきました。

Dsc027

部屋に備え付けの浴衣もあるのですが、ここで好きな柄の浴衣を選ぶこともできます。

Dsc028

男性用も種類豊富でした。

Dsc029

途中、宿泊者用のラウンジなどを案内されつつ、お部屋にアテンドされました。

Dsc031


Dsc032

ラウンジからは神通川がキレイに見えます。

Dsc033

こちらは売店。

Dsc034

ラウンジ横にはパティスリーもあり、おいしそうなケーキが並んでいました。

Dsc035

ラウンジ内では無料でソフトドリンクを楽しむことができるそうです。

Dsc036


Dsc038

残念ながら、アルコール類は有料とのこと(笑)。

Dsc039

壁には草間 彌生村上 隆などの作品が飾られています。ここがアートなホテル(笑)たる所以ですね。

Dsc040


Dsc041

ラウンジ外にはこんな素敵なテラスも・・・ 

Dsc042


Dsc043


Dsc044

部屋に向かうのに乗ったエレベーターの天井はLEDの「天の川」状態です。

Dsc046

今回のお部屋は本館3階のスイートを予約しておきました。

Dsc047

303号室「月の間」、最近改装された禁煙のお部屋です。

Dsc048


Dsc049


Dsc050

ホアイエを抜けて、左側にベッドルーム、右の窓側にリビングルームが配置されています。

Dsc051

木材がふんだんに使われた和モダンの内装デザインは私ごのみ。

Dsc052

ベッドマットも寝心地の良いものでしたが、枕がやや私好みではなかったです。

Dsc053

リビングはこんな感じです。

Dsc054


Dsc055

2面の窓からは神通川がきれいに見えます。

Dsc056

ゆったりとしたソファースペース。

Dsc057


Dsc058

こんな寛ぎ仕様(笑)のソファーベットは妻のお気に入り。

Dsc060


Dsc061

バスルームも楽しみです。

Dsc062

ダブルベイシンのデザインもお洒落です。この辺からヒノキ風呂の良い香りが・・・

Dsc063

タオルも十分な枚数が置かれていて高評価です。

Dsc064

露天風呂ではないですが、ブラインド越しに景色を眺めながら入れる素敵なヒノキ風呂でした

Dsc065


Dsc066

トイレの中ににもこんなアートな作品が・・・
細かいところまで、考えられていますね。

Dsc068

ミニバーは入り口近くにありました。

Dsc069

ラウンジがあるからでしょうか、コーヒーメーカーはなし。

Dsc070


Dsc071


Dsc072


Dsc073

ホテルメードのスイーツもリビングのテーブル上に置かれていました。

Dsc074


Dsc076

大浴場は本館と新館の2箇所にありました。
こちらは本館の大浴場。

Dsc077

本館の方は日帰り客にも解放されていて今ひとつとの書き込みがあったので私は利用しなかったのですが、こちらを利用した妻の話では特に問題なしとのことでした。

Dsc078


Dsc079

私は新館の大浴場を利用しました。

Dsc080

こちらのほうがコンパクトなつくりですが、ダイソンの送風機もおいてあって、ややラグジュアリー仕様のようです。

Dsc081

この温度が低くても汗が出やすいという説明が書いてあった低温サウナが気に入ってしまいました。

Dsc082

バスタブがジャグジータイプの室内風呂の向こうに露天風呂が見えています。

Dsc083

左側の小さいバスタブが人口炭酸泉

Dsc084

利用者も少ないので、この素晴らしい露天風呂で十分にリラックスすることができました。

Dsc085


Dsc086

このホテルにはこんなライブラリー・スペースも備えられています。

Dsc087

ちょっとしたドリンク類も置いてありました。

Dsc088

蔵書もいろいろな私たち好みの本が置いてあって、連泊しても飽きなさそうです。

Dsc089

リビングからロビーラウンジを見下ろせます。

Dsc090

本館にはこんなインターネット・コーナーもありました。どうせならiMacを置いたほうがこだわりが感じられそうです。

Dsc092

夕食は、フレンチのレストランのメニューがかなり独創的との評判だったので、オーソドックスな和食を選んで置きました。

Dsc093


Dsc096


Dsc097

富山の地の物にこだわったお品書きです。

Dsc098


Dsc099


Dsc100


Dsc101


Dsc102


Dsc103


Dsc104

ご飯ものは、ズワイガニを使った釜炊きご飯。

Dsc105

お代わりもできてお腹一杯です。

Dsc107

デザートは、隣接した八尾町の名産の最中が使われています。

Dsc108

チェック・アウト当日はロビーラウンジでの結婚式が予定されているとのことで、すでに式用のセッティングになっていました。

Dsc109

朝食は和朝食だけの提供のようです。

Dsc110

朝食開始時間が遅かったせいか、カウンターでの朝食提供になってしまったお詫びとのことで、ノン・アルコールのシャンパーンをサービスを勧められましたが、普通(笑)のシャンパーンでも可とのことで期せずして、大好きな朝シャンがいただけることになりました

Dsc111


Dsc112


Dsc113


Dsc114

朝食も「地のもの満載」で美味しくて、妻はすっかり「富山ファン」になってしまいました。

Dsc115

「また来たいね」と再訪を願いつつ、ホテルの送迎バスで富山駅に向かいます。

« 帝国ホテルGargantuaのエクレア、東急ハーベストクラブ旧軽井沢アネックス | トップページ | 北陸新幹線で行く富山・金沢の旅(2) 金沢 彩の庭ホテル »

ホテル(国内)」カテゴリの記事

国内旅行」カテゴリの記事

おいしいもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北陸新幹線で行く富山・金沢の旅(1) リバーリトリート雅樂倶:

« 帝国ホテルGargantuaのエクレア、東急ハーベストクラブ旧軽井沢アネックス | トップページ | 北陸新幹線で行く富山・金沢の旅(2) 金沢 彩の庭ホテル »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ