最近のトラックバック

« 北陸新幹線で行く富山・金沢の旅(1) リバーリトリート雅樂倶 | トップページ | 北陸新幹線で行く富山・金沢の旅(3) 金沢 本多町 「 酒屋 彌三郎 」ほか »

2016年3月15日 (火)

北陸新幹線で行く富山・金沢の旅(2) 金沢 彩の庭ホテル

本業(笑)の仕事が忙しくて記事の執筆が遅れがちですので、ややハショリ気味にリポートさせていただきます。
今回の金沢のホテルは「金沢 彩の庭ホテル」にしました。北陸新幹線の開業に合わせてオープンした新しいホテルで、口コミでもかなり評価が高く、繁忙期でもさほど宿泊料の値上げがされていないことが決め手になりました。金沢駅の表玄関である東口側ではなく、西口側の少し駅から離れた立地にあるのが難点ですが、ホテルの送迎バンが30分に一回位の頻度で運航されていて、「繁華街にタクシーで行こうとすると料金が多めにかかる」以外は無問題でした。

Dsc137

富山駅から北陸新幹線「つるぎ」に乗って金沢に向かいます。

Dsc138

「フリー切符」なので、この区間も料金内でした。

Dsc139

金沢駅に到着。

Dsc140

「金沢 彩の庭ホテル」に向かいます。

Dsc142


Dsc143


Dsc145


Dsc146


Dsc147


Dsc148


Dsc149


Dsc150


Dsc151

部屋はスタンダードなツインタイプのお部屋です。

Dsc153


Dsc154


Dsc156


Dsc157

新築間もないので、水回りもキレイです。

Dsc158


Dsc159

コンプリのお水も付いていてアメニティも豊富でした。。

Dsc160


Dsc161

ソフトドリンクのみですが、こんなラウンジスペースも玄関脇に設置されていました。

Dsc163


Dsc178

各階にあるライブラリー・スペース。
大浴場(小さいので繁忙期は混むらしい)、フィットネス・ジムも備えられているようですが、今回は利用しませんでした。

Dsc189

このホテルのもう一つの特色はバラエティー豊かな朝食ビュッフェです。

Dsc190

オムレツ・ステーションもあります。

Dsc191

決して高級食材ではないのですが、いろいろな金沢の食材が楽しめます。

Dsc192


Dsc193

金沢カレーもありました。

Dsc194


Dsc195

こんな感じでいただいてみました。

Dsc196

規模の小さいホテルなので、東京のインターナショナルホテルに比べると劣る点もありますが、それを補って余りあるサービスは特筆すべきで、口コミ高評価の訳がわかりました

« 北陸新幹線で行く富山・金沢の旅(1) リバーリトリート雅樂倶 | トップページ | 北陸新幹線で行く富山・金沢の旅(3) 金沢 本多町 「 酒屋 彌三郎 」ほか »

ホテル(国内)」カテゴリの記事

国内旅行」カテゴリの記事

おいしいもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北陸新幹線で行く富山・金沢の旅(2) 金沢 彩の庭ホテル:

« 北陸新幹線で行く富山・金沢の旅(1) リバーリトリート雅樂倶 | トップページ | 北陸新幹線で行く富山・金沢の旅(3) 金沢 本多町 「 酒屋 彌三郎 」ほか »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ